このページの本文へ

2012年4月に「ノートンセキュアドシール」へと刷新

Webの実在証明「ベリサインシール」がノートンブランドに

2011年10月11日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月7日、日本ベリサインは同社のSSLサーバー証明書やWebサーバーを実在証明する「VeriSign Trust Seal」を利用しているWebサイトに表示される「ベリサインシール」のデザインを変更し、「ノートンセキュアドシール」とすることを発表した。

ベリサインシールとは

 ベリサインシールが貼られたWebサイトは、ウェブサイトの運用者の実在性をベリサインが認証していることを表わしており、全世界で1日に6.5億回以上/165カ国10万以上のWebサイトで表示されている。親会社である米シマンテックの調査によれば、86%のオンラインユーザがベリサインシールを認知しているという。

 このように認知度の高いベリサインシールをノートンセキュアドシールにへ刷新するのは、

  • ベリサインシール」の信頼の実績とブランド価値
  • PC向けセキュリティソフトの世界トップクラスとして多くの消費者に認知される「ノートン」ブラント

を融合することで、Webユーザに更なる安心感の提供を目指したものだという

ベリサインシールはノートンブランドに

 ノートンセキュアドシールへの切り替えは、2012年4月に全世界で行なう予定だ。これは自動的に行なわれ、ベリサインSSLサーバ証明書、VeriSign Trust Sealのユーザーによる作業は発生しない。シールインサーチ、マルウェアスキャンといった機能も、従来と変わらず引き続き提供される。

 また同日には、ベリサインマネージド PKI for SSLユーザーに対して、「脆弱性アセスメント」サービスを無償バンドルすることも発表されている。

 これは、企業のWebサイトやWebアプリケーション、サーバソフトウェア、ネットワークの脆弱性を週次で自動スキャンし、脆弱性を素早く特定するサービスだ。検知した脆弱性は、すぐに調査するべき「重大な脆弱性(Critical)」と低いリスクレベルを示す「注意(Informational)」の2種類に分類し、ユーザーにレポートする。

「脆弱性アセスメント」サービスを無償バンドル

こちらの提供開始は2011年10月12日の予定だ。

カテゴリートップへ

ピックアップ