このページの本文へ

必携!必読! Androidアプリ第27回

スマホを傾けて、ケツを振る「Drift Mania Championship」

2011年06月17日 12時00分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最初はちょっと難しいが慣れるとハマる
ドリフト専門レースゲー

Drift Mania Championship 1.2.5

作者:Ratrod Studio Inc.
価格:99円


 ファミコン用の「ファミリーサーキット」以来、家庭用ゲーム機/携帯ゲーム機/PCと機種や環境を問わず、20年以上にわたり、延々とレースゲームをプレイしまくってきたワタクシ。当然のようにスマホでもいろいろなレースゲームをダウンロードしまくっていた。

ドリフト文化は世界に広がっているというが、そんなドリフトを中心にしたスマホ向けゲームが「Drift Mania Championship」だ。iPhone版も存在する

 ただ、どうしても違和感があったのがハンドル操作。スマホ用のレースゲームは基本的に端末を傾けるなど、スマホのセンサー類を活かしてプレイするのだが、どうも大雑把な感じでの操作しかできない。コアなレースゲームにハマりすぎてきたせいか、満足できるゲームがなかなか見つからない。そんな中、スマホの特性を上手く活かしていると、とてもおもしろく感じたのが、この「Drift Mania Championship」である。

キャプチャー環境の関係で完璧にドリフトを決めたシーンを見せられないのが残念だが、ある程度ゲームに慣れてきたら、快適にドリフトを決められるようになる。コツとしては端末をあまり傾けすぎないこと。最初はあまりアクセルを踏みすぎないことだ
アクセルについては上画面のバータイプと通常のペダルタイプから選ぶことができる

 タイトルからもわかるように、ドリフトが中心の内容で、常に車がユルユルフワフワしている。このユルフワ感ゆえに、端末を傾けての操作が逆にハマるのだ。ただ、難易度自体はそれなりに高め。コーナーをキレイにドリフトするにはある程度の慣れが必要となる。とはいえ、1時間ほどプレイしていたら、グルグル回りまくれるようになったので、興味を持った人はちょっとだけ我慢して練習してほしい。

ゲームを進めていくと、選択可能なコースや車の数も増える

 結構ハマれるレースゲームながら、99円のお手頃価格で購入できるのもスマホ向けのタイトルならでは、また無料のLite版も用意されているので、まずはそちらでプレイしてみるといいだろう。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン