このページの本文へ

1GHzデュアルコアCortex A9の7インチタブレットが登場

2011年05月13日 11時30分更新

文● 樋口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ノーブランドの7型タブレット

 HDMI出力が可能な7インチAndroidタブレット「Opad Renesas」が登場。aPad専門店で販売中だ。

 Opad Renesasは、CPUにクロック周波数1GHzの「Cortex A9」を搭載、静電容量式のタッチセンサーを採用した7インチタブレット。メインメモリー512MBを搭載するほか、miniHDMI端子を備え、大画面TVなどで動画や画像を楽しめるのもポイント。OSにはAndroid2.2がインストールされているためFlashにも対応する。

「Opad Renesas」 CPUにクロック周波数1GHz「Cortex A9」を搭載、静電容量式のタッチセンサーを採用した7インチタブレット「Opad Renesas」。スクリーンのサイドには130万画素のインカメラを搭載している
厚み
サイズは幅194×奥行き13×高さ116mmで、筆者の手ではかろうじて片手に収まると言った大きさ。表面はつるつるとしたプラスチック素材となる。側面には最大32GBまで対応したSDカードスロットを備える

 その他の主なスペックは、7インチディスプレイ(800×480ピクセル)、バッテリーサイズは3400mAh、無線LAN、Bluetoothの通信機能を搭載し、重量は377g。販売店によると「製品はノーブランド扱い」とのことで、さらに「同じ7インチタブレットの「Galaxy Tab」より若干ベンチマークスコアが高かった」という。価格は2万3800円となっている。

側面1 側面2
左から電源コネクタ、miniHDMI端子、USBミニB端子、イヤフォン端子が並ぶ電源スイッチと音量調整ボタンが搭載されている

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン