このページの本文へ

仮想マシンの検出と保護を自動化

仮想化対応を強化!Symantec NetBackup 7.1登場

2011年03月31日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月30日、シマンテックはエンタープライズ向けバックアップソフトの新バージョン「Symantec NetBackup 7.1」を発表した。仮想環境向けのさまざまな機能が追加されており、4月5日より提供される。

仮想環境向け機能が強化された「NetBackup 7.1」

 NetBackup 7.1の新機能の1つが、VMware 環境向けの「仮想マシンインテリジェントポリシー」テクノロジーの搭載。これにより、仮想マシンの検出と保護が自動化され、多数の仮想マシンを配備している企業やプライベートクラウドを構築している企業の、仮想化環境への移行を促進するという。

 また、仮想マシンのバックアップイメージからファイルまたはフォルダを高速にリカバリする「GRT(Granular Recovery Technology:きめ細やかなリカバリ)」が、VMware環境のLinuxシステムにも対応した。これにより、仮想マシンのバックアップ時間が最大で50%削減されるという。さらに、個別ファイルの管理が簡素化され、リカバリ速度が向上するとしている。

 ほかに、データベース関連のサポートも向上されており、Oracleデータベースエージェントの強化により、バックアップと重複排除のパフォーマンスが向上。MySQLのバックアップとリカバリを集中化及び自動化する新しいエージェントが追加されている。

 販売は、シマンテックの販売パートナー経由で行なう。参考価格は62万円より。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ