このページの本文へ

「iStorage HS3」採用モデルが450万円から

NECとシマンテックの合技!「スマートバックアップソリューション」

2011年12月22日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp 

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月21日、NECとシマンテックは、ストレージに格納するデータのバックアップを効率化する「スマートバックアップソリューション」を共同で開発し、NECが販売すると発表した。

「スマートバックアップソリューション」で利用されるNECのバックアップストレージ「iStorage HS3」。Symantec NetBackupと組み合わさることでバックアップとリストアの効率化を実現する

 スマートバックアップソリューションは、シマンテックのバックアップソフトウェア「Symantec NetBackup」が搭載する他社製ストレージとの連携API「OST(OpenStorage Technology)」と、NEC製ディスクバックアップストレージ「iStorage HSシリーズ(HYDRAStorR)」を組み合わせたもの。

 NetBackupの提供する増分(差分)合成バックアップ技術、iStorage HSシリーズの提供する重複排除技術を組み合わせることで、大量のデータ(ビッグデータ)のバックアップを極めて短時間で実行。従来の方法と比べ、バックアップ時間を約80%短縮、必要とするネットワークやバックアップサーバーなどのリソースを約50%低減するという。この、NetBackupとOST対応ストレージによる合成バックアップソリューションの販売は、国内初とのことだ。

 また、リストア作業の迅速化も図られている。従来のディスクバックアップにおいては、リストアの際には、フルバックアップデータのリストア後に、日々の増分(差分)のバックアップデータのリストア作業が必要となる。スマートバックアップソリューションでは、iStorage HSシリーズの内部で最新フルバックアップデータが自動的に生成されるため、そのデータを1回リストアするだけで作業を完了できるという。

 スマートバックアップソリューションの第1弾として、ストレージに「iStorage HS3」を採用しモデルが12月28日に出荷される。価格は450万円からだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ