このページの本文へ

NSAやSRAシリーズで「IPv6 Ready」ロゴ取得

ソニックウォール、主力製品のIPv6対応を完了

2011年03月28日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月25日、ソニックウォールは同社のセキュリティアプライアンス「NSA(Network Security Appliance)シリーズ」が、IPv6フォーラムよりIPv6対応製品として認定され「IPv6 Ready」ロゴを取得した発表した。

IPv6 Readyのロゴを取得したNSA E7500

 IPv6対応により、従来のIPv4利用時と変わりなく、ユーザーがアクセスルールを全て自分で設定できるという。また、同社が独自に開発したリアセンブリ フリーディープパケット インスペクション(RFDPI)エンジンを活用した高度な脅威検出および防止機能、サービス拒否(DOS)攻撃防止の強化機能が利用できるとのこと。

 またSSL-VPN製品のセキュアリモートアクセスシリーズも、IPv6対応を完了したとのことだ。

 2011年3月現在、IPv6対応済みの製品は、以下の通り。

大規模企業向け
 ネットワークセキュリティアプライアンス認定ロゴ取得済み
 ・NSA E8500、NSA E7500、NSA E6500、NSA E5500

 リモートアクセスアプライアンス順次対応予定
 ・Aventail E-Class SRA EX7000、Aventail E-Class SRA EX6000
中小規模企業向け
 ネットワークセキュリティアプライアンス認定ロゴ取得済み
 ・NSA 4500、NSA 3500、NSA 2400、NSA 240

 リモートアクセスアプライアンス
 ・SRA 4200、SRA 1200

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ