このページの本文へ

デルのPartnerDirectプログラム加盟社にて

デル、ソニックウォール製品をDELLパートナーで販売へ

2012年11月16日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月15日、デルは5月の買収完了によって傘下になった「Dell SonicWALL」全製品をデルのPartnerDirectプログラムに加盟する認定パートナーを通じて販売すると発表した。既存のSonicWALL代理店・パートナー経由の販売は継続する。

中小規模ネットワーク環境向けのファイアウォール製品「Dell SonicWALL TZ 215W」。こうした製品も今後は、DELLのパートナー経由の購入が可能になる

 Dell SonicWALLのソリューションは、企業規模を問わず幅広いユーザーが利用しており、すでに大規模なキャンパス環境、分散オフィスを擁する企業、政府機関、小売店舗、医療機関に導入されている。Dell SonicWALLは製品ラインアップとして、小規模オフィス向けの「Dell SonicWALL TZシリーズ」から大企業や政府機関、サービスプロバイダー向けの次世代ファイアーウオール製品「Dell SonicWALL SuperMassiveシリーズ」まで幅広くそろえる。

 これら製品をデルのPartnerDirectプログラムを通じて販売することで、各パートナー企業の注力分野とデルの強みを組み合わせて、より強固なITソリューションを提案していく。

 デルはこれまでセキュリティサービス「Dell SecureWorks」、クラウドセキュリティおよびデータ暗号化ソリューション、脆弱性とパッチ管理の「Dell KACE」などを買収している。SonicWALLの買収を通じて、さらにセキュリティポートフォリオの拡充を図り、エンドツーエンドのITソリューションプロバイダーとしての事業強化ならびに拡大を一層加速するという。

カテゴリートップへ

ピックアップ