このページの本文へ

DESIGN プロが教えるデジカメ撮影テクニック - 番外編 ― 第1回

ハンバーガーをグルーポンの広告風に撮るには?

2011年03月30日 11時00分更新

Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 プロが教えるデジカメ撮影テクニックの著者でプロカメラマンの三浦健司氏の担当になった新人編集者。ご時世を反映して、上司よりひとまわりも、ふたまわりも年上なのに“新人”! 最初に与えられた仕事は、バナー広告に掲載されている美味しそうなハンバーガーとお寿司を、もっと美味しそうに撮るにはどうすればいいのか、三浦カメラマンに話を聞いてこいということでした。第1回は“美味しそうなハンバーガー”に挑戦です!


もっと美味しそうに!

編集:新しく担当になります。新人ですが、よろしくお願いします。

三浦:なんだよ、新人編集者ときいていたけど、ずいぶんおじさんだなぁ。できれば……

編集:まぁ、まぁ、そうおっしゃらずに、ちょっとこれを見てください。


三浦:おお、これはよく見るグルーポンのバナー広告。

編集:そうなんです。このハンバーガーやお寿司をもっと美味しそうに撮れないかなと思いまして。

三浦:食べ物は「プロが教えるデジカメ撮影テクニック第6回 食品を美味しそうに撮影する! 超簡単な7テクニック」で、超簡単なテクニックは伝授してるよね。特にお寿司はプロが教えるデジカメ撮影テクニックの98ページでもとりあげているぞ。ちゃんと勉強してきた?

編集:おっしゃるとおりなんですが、このバナーのようなものでということで例を示していただければ……

三浦:まぁ、初仕事っていうことで手伝ってやるか。

編集:よろしくお願いします。まず、料理を撮るときのコツはなんでしょうか。

三浦:いきなりだなぁ。ハンバーガーと寿司とでは食材がまったく違うから、料理というひとくくりで語るのは無理がある。

編集:なるほど。

三浦:ただし、料理を撮影するとき、一番大切なことは、ライトの位置と適切な光量で、立体感と食感を表現しなければ、美味しそうには写らないっていうことだ。それをしっかり頭に叩き込んだら、ハンバーガーからいくか。

■Amazon.co.jpで購入
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く