このページの本文へ

IPv6に進路を取れ!第10回

ベリサインブランドの技術でインテルと提携

米シマンテック、vPro利用のワンタイムパスワードを提供へ

2011年03月03日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月2日、シマンテックグループの日本ベリサインは、米シマンテックと米インテルが提携を通じ、「ベリサイン アイデンティティ プロテクション(VIP)」のワンタイムパスワードを、「Intelアイデンティティ プロテクション テクノロジー(IPT)」に組み込むと発表した。これは2月9日に米国で発表されたもので、搭載製品は3月より提供される予定となっている。

米ベリサインは2010年に米シマンテックに買収。日本ベリサインの親会社は米シマンテックとなる

 Intel IPTは、Core vProプロセッサなど第2世代Intel Coreプロセッサプラットフォームに実装される機能。VIPオーセンティケーションサービスと組み合わせることで、企業および一般PCユーザーの認証を強化できる。

 ワンタイムパスワードはインテルのチップセットに内蔵されるため、ワンタイムパスワード生成用のトークンの購入や交換、ダウンロードの必要はない。認証の強化につながるだけでなく、管理の効率向上やコスト削減も可能となるという。

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ