IPv6に進路を取れ!

v6だから6社のISPが集合?

IPv6の夜明けは近い?日本ネットワークイネイブラー誕生

文●TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月1日、KDDI、日本インターネットエクスチェンジ(JPIX)、NECビッグローブ、ニフティ、朝日ネット、ヴェクタントの6社は、IPv6によるインターネット事業を推進する新会社「日本ネットワークイネイブラー株式会社」を設立した。

 新会社は2010年2月にKDDIとJPIXによって設立されたブロードバンドアクセスエクスチェンジ企画を母体として、他の4社が第三者割当増資に応じ、事業会社となったもの。事業は2011年4月に開始されるNTT東西の次世代ネットワークにおいて、ネイティブIPv6のローミングサービスを提供すること。 現状、IANAから払い出されるIPv4アドレスは枯渇が迫っているが、枯渇以後でも継続的にIPv6によるインターネット接続を行なえるようにする。また、ISPに対して、IPv6インターネット接続への支援も行なっていくという。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
08月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2012年
02月
2011年
05月
07月
2010年
08月
09月