このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

あなたの知らないWindows 第46回

正式版の直前となるInternet Explorer 9 RC版が登場

2011年02月17日 12時00分更新

文● 山本雅史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

次世代ブラウザーではトレンドの
「行動追跡防止機能」も搭載

 また、新たにプライバシーを保護する機能として、「行動追跡防止機能」が搭載された。さまざまなウェブサイトを見ていると、ユーザーがどのようなページを見たり、興味を持っているのかなどが履歴として蓄積されていく。現在のインターネット広告では、こうした情報をウェブブラウザーからあの手この手で取得して、ユーザーが興味のあると思われる広告をピンポイントで表示するようになってきている。いわゆる「行動ターゲティング広告」という手法だ。

 しかしこうした手法による行動追跡は、ユーザーのプライバシーを不当に侵害しているとの声もあり、最近では大きく問題視されるようになってきた。そこでマイクロソフトはIE9に、どんなページを見たかなどの情報をトラッキングされないようにする行動追跡防止機能(トラッキングプロテクション)を導入した。

「行動追跡防止機能」は、メニューから「セーフティ」→「追跡防止」をオンにすれば有効になる

 ただし、この機能をオンにすると行動追跡に基づいたウェブページのコンテンツが表示されなくなる。そのため、デフォルトではオフになっている。必要性を感じるユーザーは、オプションメニューから設定することになる。なお、行動追跡防止機能はIE9だけでなく、ChromeやFirefoxの次期バージョンでも採用される予定になっている。

ウェブ標準との互換性やレンダリング性能が向上

IE Blogに掲載されているIE9 RCの互換性テストのデータ。各ウェブ標準に対して非常に高い互換性を持っている

 IE9βの時点では、CSS互換性テスト「Acid3」のスコアが95%と、100%の互換性にはまだ足りなかった。また最新のHTML5や、ベクターグラフィックス標準仕様である「SVG1.1」などの互換性も100%とはいかなかった。特に最新規格であるHTML5やSVG1.1などは、IE9βがリリースされた頃にはまだ互換性テストのためのウェブページやスクリプトなどが用意されておらず、どの程度仕様を満たしているのか、ユーザー側ではまったくわからなかった。

 しかしIE9βがリリースされた後に、HTML5やSVGの互換性テストが整備されてきた。それにともない、IE9のウェブ標準に対する互換性も一層向上してきた。IE9 RCではHTML5が「99%」とされているが、SVGやCSS3、DOM、JavaScriptなどの互換性テストでは「100%」をクリアしている。これはIE9のライバルとなるChromeやFirefoxと比較しても、非常に高い互換性を持つウェブブラウザーといえる。

 レンダリング性能に関しては、IE9βでGPUサポートやJavaScriptのマルチコア対応などが実装されたことで高速化されていた。IE9 RCではチューニングが進められたほか、HTML5やSVGでのGPUサポートを拡大することで、さらに性能が向上している。なお、ベンチマークテストに関しては、次回でChromeやFirefoxなどと比較して行なう予定である。

IE9の各種デモページが公開されている「IE TestDrive」も、IE9 RCの公開に合わせて、新しいデモが追加された

新規デモのひとつ、CPUが消費している電力をメーター表示する「CPU Power States Meter」

HTML5で表示されたグラフィックの街に、広告としてビデオが表示されるデモ「City of Videos」

広告を拡大すると、ビデオが表示されている

お馴染みの「FishIE Tank」も、IE9 RCでは魚を1000匹表示しても30fpsを超える速さで表示できた。IE9βでは25fps程度だったので、性能のチューニングが効果を発揮しているようだ

正式リリースは4月の「MIX11」か?

 IE9 RCがリリースされたことで、次はいよいよ正式版のリリースとなる。現時点の予想では、4月11日から米国ラスベガスで開催されるマイクロソフトのウェブ開発者向けのイベント「MIX11」で、正式版が公開されるのではと言われている。

 またIE9関連のトピックとしては、2月14日からスペインのバルセロナで開かれた携帯電話関連展示会「Mobile World Congress 2011」の基調講演にて、マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマー氏が、Windows Phone 7にIE9を移植すると発表している(関連記事)。

 Windows Phone 7用のIE9は単なるサブセットではなく、GPU機能などをすべて備えたフルセット版になるという。これにより、スマートフォンでのウェブブラウジングも、表示性能が大幅に向上するだろう。移植はすでに開始されており、年内にもWindows Phone 7版IE9がリリースされる予定になっている。

 このように、IE9はマイクロソフトにとって重要な戦略プラットフォームとなっている。今後は、HTML5で高度なリッチコンテンツを表示できるIE9が、インターネットだけでなく、スマートフォンをも大きく変革させていくかもしれない。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン