このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Internet Explorer 9日本語版 いよいよ26日0時に公開

2011年04月25日 19時57分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows Internet Explorer 9日本語版

 日本マイクロソフトは25日、ウェブブラウザー「Windows Internet Explorer 9日本語版」(以下IE9)の公開に先立ち、IE9の説明会を開催。IE9の特徴や表現力の高さについて説明した。なお、IE9日本語版の公開は4月26日0時からの予定。

 日本を除く各国では、IE9は3月15日に公開されている。だが、日本では3月11日に発生した東日本大震災の影響を受けて、通信インフラへの負担軽減のために公開が延期されていた。IE9は全面的な刷新と最新のウェブ標準への準拠により、処理の高速さと次世代のウェブ標準技術「HTML5」への優れた互換性を備えたウェブブラウザーとなっており、期待も高い。

IE9の開発コンセプト。ウェブ標準との互換性やハードウェア活用によるパフォーマンス向上が柱となっている一新されたJavaScriptエンジン「Chakra」により、JavaScript実行速度は劇的に向上した

 なおIE9の特徴や新機能については、こちらの関連記事を参照していただきたい。また、IE9日本語版の正式版を元にした新機能の解説記事も27日に公開する予定である。

 IE9の新機能は多岐に渡るため、説明会ではすべての新機能について解説することはなかったが、特に重点項目として挙げられたのは「HTML5の対応」であった。説明会で開かれた、ウェブアプリケーション開発者5名が登壇したパネルディスカッションでも、話題の中心はHTML5への対応だった。HTML5を新世代のIE9がサポートすることにより、ウェブサービスやウェブアプリなどに大きな影響を与えるだろうと、開発者たちは期待を込めて語っていた。

説明会で開かれたパネルディスカッション。HTML5への対応により、ウェブブラウザーやデバイスに依存しないウェブアプリケーションが実現できると期待を語る開発者が多かった
ほぼ全編がSVGによるベクターグラフィックスで描かれる短編アニメ作品「SVG女子」

 また、4月中旬に開かれたマイクロソフトのウェブ開発者向けイベント「MIX11」の基調講演で披露されて話題を呼んだ、ベクターグラフィックス標準仕様「SVG」を用いて「面白法人カヤック」が作成したアニメーション作品「SVG女子」も披露された。ウェブブラウザー上で動作するアプリケーションであるため、アニメーションの色を変えるといった変更が随時可能な点は、ウェブブラウザーの表現力が大きく向上したことをわかりやすく示している。

スクリプトで記述されたアニメーションなので、任意の色を変更するといったビデオではできない芸当も可能

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン