このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

噂の「Android版モバギ」がついに登場!?

キーボード搭載のAndroid端末 LifeTouch NOTEが発表

2011年02月15日 11時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
LifeTouch NOTE
LifeTouch NOTE(写真はすべて試作機のもので、製品版とは異なる可能性がある)

 NECは15日、キーボード搭載のノートパソコン型Android端末「LifeTouch NOTE」シリーズ3機種を発表した。価格はオープンプライス。

本体天板のカラーバリエーションは3色。左から「ピアノブラック」「バーミリオンレッド」「チョコレートブラウン」

 LifeTouch NOTEはスマートフォンの利点に、パソコンが持つ「日本語入力の快適さ」を組み合わせた製品とされている。その象徴であるキーボードは、小型のノートパソコンと同様の配列やキーを備えており、パソコンと同じ感覚で入力できる。横長のコンパクトボディーにノートパソコン並みのキーボードを搭載する点では、NECがかつて販売していた小型コンピューター「モバイルギア」を彷彿とさせる。

 InsキーやDeleteキーなど、従来のキーボード付きAndroid端末ではサポートされていなかったキーも搭載している。キーピッチは約16.8mm。Android端末では必須のMenuキーやホームキー、戻るキーも最上段右寄りに配置されている。

ほぼノートパソコンと同様のキーボード。また、左側手前のMenu、Fn、Ctrlキーは場所を入れ替えて使いやすい配置に変更が可能だ。キータッチは軽く、好みは分かれるかも前面右側にはLED類を配置。メール着信時にLEDでもアラームが点灯するといったギミックも搭載
本体サイズは、幅234×奥行き138×高さ25mm。ノートパソコンのようにテーブルや膝上に置いて入力するスタイルを基本とする

 日本語IMEとしては、ジャストシステムの「ATOK」を標準搭載。プレインストールされたテキスト編集アプリケーションの「ライフノート」と組み合わせて、快適な日本語入力環境をAndroid端末上で実現している。パソコン用のATOKで作成した辞書データを、LifeTouch NOTEのATOKに登録することも可能だ。

付属の多用途メモ帳アプリ「ライフノート」。ライフノートとATOKの組み合わせにより、快適な日本語入力環境を実現

 ライフノートではテキストを作成するだけでなく、メールやファイルとして出力できるほか、mixiやEvernoteにアップロードしたり、「FC2 BLOG」や「Ameba」など、対応するブログサービスへの投稿も可能になっている。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン