このページの本文へ

LifeTouch NOTEがアップデート キー設定が使いやすく

2011年06月27日 15時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
LifeTouch NOTE

 NECは27日、Android搭載端末「LifeTouch NOTE」の無償アップデートを、7月12日に提供開始すると発表した。

 今回のアップデートはユーザーからの要望を踏まえて、設定項目の追加や使い勝手の改善につながる改良が多数盛り込まれている。OSのビルド番号等は上がるが、OS自体は従来の「Android 2.2」のままとなる。

 主な改良点は以下のとおり。特にキーボード右側のキー割り当ての変更機能は、キーボードでの文字入力の効率改善につながる。また「画面キャプチャアプリ」の追加も、地味だが便利でうれしい機能だ。

機能追加

右側キーバインド機能
キーボード右側にあるInsert/ろ/↑/←/カタカナひらがな キーを入れ替え可能。右Shift機能の割り当ても可能に。
画面キャプチャアプリ
起動しておくと、F12(Fn+F2キー)で画面キャプチャーが可能になるアプリを用意。ファイル形式はJPEGとPNGを選択できる。
テザリングウィジェット(FOMAハイスピードモデルのみ)
テザリング機能を簡単にオン/オフできるウィジェットを追加。
右側キーバインドの変更画面。カーソルキー周囲のキーを柔軟に入れ替えられるように
画面キャプチャアプリの設定画面。保存先やファイル形式を変更できる

UI改善

Homeボタン長押し時間調整
Homeボタンを長押ししてタスクスイッチする機能の、呼び出しまでの長押し時間を変更できるようになった。0.5/1.0/1.5/2.0秒のいずれかを設定できる(従来は2秒固定)。
電源ボタン長押し時間調整
電源ボタンの長押しで表示される「電源オフ」などの、メニュー呼び出しまでの長押し時間を変更できるようになった。0.5/1.0/1.5/2.0秒のいずれかを設定できる(従来は2秒固定)。
バッテリー容量をパーセントで表示
バッテリーの残量をわかりやすい「%」表記で表示。
Homeボタンの長押し時間を変更可能に。パソコン風のタスク切り替えがしやすくなる右上のバッテリー残量メーターに「%」での数値が追加。下に見えるメニュー画面には「SDカード」の項目を追加
SDメモリーカードの取り外しが容易に
Menuキーを押して表示されるメニューに「SDカード」の項目を追加。取り外しに必要な操作のステップ数が少なくなった。
無線LANの接続再開を高速化
スリープから復帰した後の無線LAN接続完了までの時間を、おおよそ3~4割程度短縮。
MACアドレス表示
無線LANに接続していない状態でも、無線LAN機能のMACアドレスをWi-Fi設定画面から確認できるように変更。
アクセスしやすくなったSDカードの取り外しメニュー

 アップデート方法は、LifeTouch NOTEを起動してソフトウェアアップデートの項目を確認すると、インストーラーがダウンロード可能になっているので、それを選択実行する。いずれも小粒の改良点ではあるが、使い勝手の改善につながる点が多い。既存のLifeTouch NOTEユーザーはもちろん、「安いから買ってみようかな」と思っている人にもお勧めできるアップデートと言えよう。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン