このページの本文へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」第46回

NHKの本気!ボカロラジオ「エレうた」の高き志

2011年02月05日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新しい表現を紹介するプラットフォーム

―― 選曲の基準はどうなりますか?

橋浦 リスナーのリコメンドを参考にさせていただきながら、という感じですね。番組のMCに桃井はるこさんを起用させていただくのですが、桃井さんは音楽をよく分かっていらっしゃるし、サブカルチャーを愛している方ですので、彼女の意見も聞きながら曲は選んでいきたいです。

川上秀人氏 NHKエンタープライズ 事業本部 エグゼクティブ・プロデューサー 僕らとしてはクラシカルなラジオ番組を作りたいと思っているんですね。それは歌詞が良かったり、曲が良かったり、そういう本来の歌番組にしていきたいなという気持ちです。リスナーからリクエストを受けるという形も取りながら、自作のオリジナル曲も募集しますと。

NHKエンタープライズ 事業本部 エグゼクティブ・プロデューサー 川上秀人氏

―― 昔やっていた坂本龍一さんの「サウンドストリート」みたいに?

サウンドストリート : 1978年から1987年にかけてNHK-FMで放送されていた音楽番組。月〜金曜の帯番組で、火曜は坂本龍一が担当した「デモテープ特集」がウリの企画だった。この企画には、後に有名になるテイ・トウワや槇原敬之が応募していた。

川上 ええ。そこが従来の歌番組と違うだろうなと思っていますね。頂いたものは番組スタッフで聴かせていただきます。

―― 今はサウンドストリートの時代と違い、他の場所に上がっている発表済の曲かもしれないわけです。すると自薦ということになるんですが、それでもいいんでしょうか?

川上 それはもちろん構いません。投稿する人が権利的に問題のないものを送ってくれる限り、それは既存の媒体に上がっているものでも何でも構いません。それはプロアマ問いません。

投稿作ならプロアマ問いません(川上さん)

―― ボカロ界隈というのはJ-POPの領域を侵食しつつあって、かつJ-POP側にいたプロの人も入ってきている。プロアマの境い目がはっきりしない世界になりつつあります。メジャーで作品を出している人も、ボカロPとして自薦してくるケースもあると思いますが。

橋浦 投稿してくる人にとってはNHKで放送してほしいということですから、権利処理できているものであれば何でも構いません。NHKの場合には、まず発売前のCDはかけられないんですね。発売後にしかかけられない。そこら辺は気をつけたいなとは思いますね。

川上 むしろ自分の音楽で世に出たいという人が自作をエントリーしてくれて、そこで上手く行けば、我々のリスナーの琴線にひっかかり、そこから火が付いて、その方がメジャーに出るなり他の媒体への活動が広がっていくということはあり得ると思います。

―― 実はそこが狙いだったりするんですか?

川上 あった方がいいと思います。僕も坂本龍一さんのサウンドストリートを聴いて育ったようなところがあるので。この番組をやる前にも、デジタルスタジアムという番組をやっていました。

デジタルスタジアム

デジタルスタジアム : 略称「デジスタ」。BS1の深夜番組としてスタート。CGやアニメーションなど視聴者の応募作品を審査員が選んで紹介する番組。現在は「デジスタ・ティーンズ」として、NHK教育テレビで毎週水曜午後6時55分〜7時20分まで放送されている。

―― ああ、そうなんですか。新人クリエイター発掘系の。

川上 新しいツールが出てくれば新しい表現も出てくるし、それは大抵若い人がやるんです。NHKとしては、そういった新しい表現を紹介するプラットフォームを脈々と持っていましたし、これからもそうありたいと願っているんです。それが放送局としてのミッションでもありますので。

橋浦 8月の番組にゲストでMOSAIC.WAVさんをお呼びしたんですが、そのメンバーの柏森進さんが「商業ベースでは出しにくい音楽でも、この世界では出せる。そこから新しい音楽にみんなが気づく可能性もある」という意味のことをおっしゃっていて、それが印象に残っているんですよね。

(次のページに続く)

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン