このページの本文へ

ソーシャルアプリ開発パートナー向けに提供

ライブドア、月額利用料を最大3ヵ月間無料のGREEクラウド

2011年01月12日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月11日、ライブドアは、グリーと提携しソーシャルネットワーキングサービス「GREE」ソーシャルアプリを対象に、開発パートナー(以下、GREEパートナー)向けクラウドサービス「GREEクラウド powered by livedoor」を開始した。

GREEパートナー向けクラウドサービス「GREEクラウド powered by livedoor」を開始

 GREEクラウド powered by livedoorは、用途に応じて自由自在にサーバーの増減が可能なlivedoorレンタルサーバ「EX-SCALE」を、GREEパートナー向け特別プランとして、初期費用、ネットワーク利用料を無料、サーバー利用料、ロードバランサーオプションの実質的な月額利用料を最大3ヵ月間無料で提供するサービス。なお、最低6ヵ月の利用期間が必要で、「設定代行」などのオプションを利用する場合、別途料金が発生する。

 価格とサーバースペックは下表の通り。

価格サーバースペック

 公開したソーシャルアプリがいち早くビジネスの軌道に乗るよう、GREEパートナーのインフラコストを最大限に抑え収益貢献を図るという。また、機能面ではアプリの運用に必要な、サーバーリソースの増減機能を充実させ、GREEパートナーをサポートするとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ