このページの本文へ

同社クラウドサービスに「エクスライト(EX-LITE)」プラン登場

データホテルのParallels Plesk Panel対応プランは月額1575円

2012年09月11日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月10日、データホテルはクラウドサービス「エクスクラウド(EX-CLOUD)」において、パラレルスのホスティング事業者向けコントロールパネルの「Parallels Plesk Panel 11」の提供を開始すると発表した。まずは、SASディスクを搭載し、最大5倍のスペックにノンストップで拡張可能な「エクスライト(EX-LITE)」プランで実施する。

「Parallels Plesk Panel」はWebサイトのライフサイクル全体の管理、メールアカウント作成やWebアプリケーションのインストール、Webサイトのプロモーション用ツールやトラフィック解析ツールとの統合も可能な、ホスティング事業者向けツールだ

 エクスライトは、メモリ1GB、ディスク30GB、CPU Xeon QuadCore(共用)のVPS(仮想専用サーバー)を月額1050円(税込)で利用可能なプラン。root権限つきの環境をコマンドラインで操作するプランで、初期費用は無料、月額費用は100Mbps共用回線費用込みの固定となる。

 Parallels Plesk Panel 11が提供される新プランエクスライト(EX-LITE)は月額1575円(税込)で、サーバー操作に自信のないユーザーもホスティング領域の作成やメールアドレスの作成などを簡単に行なえるという。加えて、専用アプリをダウンロードすることでスマートフォンからサーバーの状況をモニターでき、オプションの「Power Pack」導入でサーバーの再起動やプロセス再起動などのサーバー操作も可能となる。また、エクスライトでは無料の電話サポートも用意しており、困った時でも安心してサービスを利用できるとしている。

スマートフォンからの状況モニターも行なえる

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ