このページの本文へ

クアッドコアXeon、16GBメモリ、RAID 5構成のSAS HDDのハイスペック仕様!

ライブドア、EX-CLOUDにデータベース用サーバー「EX-DB」

2011年06月21日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月20日、ライブドアはクラウドサービス「EX-CLOUD(エクスクラウド)」にて、データベース専用のハイスペックサーバー「EX-DB(エクスディービー)」の提供を開始した。

 「EX-DB」は、クアッドコアのXeonプロセッサー、16GBの大容量メモリ、RAID 5構成のSAS HDDを採用。Webサービスを展開する上でデータベースに求められる高い要件を満たす、高処理性能、高信頼性を備えたデータベース専用のハイスペックサーバーだ。

 EX-CLOUDで提供している拡張が自由なクラウド「EX-SCALE(エクスケール)」で利用するサーバーとの、プライベートLAN接続(1Gbps)を無料で行なえる。そのため、処理性能が求められるデータベースをEX-DBで専用サーバーとし、増減が簡単にでき自由度を求められるWebサーバーをEX-SCALEの仮想サーバーで構成することが可能で、ハイブリッドなサーバー環境を構築できるという。万が一の障害時には、データ消失を避けるため、別ストレージでのフルバックアップもオプションで提供する。

 EX-DBの価格は、月額7万350円(税込)。オプションのフルバックアップは、50GBで2625円(同)のオプション料金となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ