このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Lenovo Ideaシリーズ大研究第14回

AV機能が充実したタッチパネル内蔵液晶一体型デスクトップPC

IdeaCentre A700 (2)──思わず触れたくなる秀逸アプリ

2010年12月13日 11時55分更新

文● 二瓶 朗、写真●篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

IdeaCentre A700を語る上で、内蔵ソフトは外せない。特にタッチパネルを快適に使うためのオリジナルソフトは秀逸だ。ここではそんなオリジナルソフトについて見て行く。

 「IdeaCentre A700」(以下A700)は、実用的なアプリを多数搭載する。多数、といってももてあますほどの数ではなく、特に、A700の大きな機能的特徴であるタッチパネルを活かしたソフトが数多く搭載されている。

起動直後のデスクトップにはショートカットアイコンが並ぶ。アイコンやアイコンの文字もやや大きめに表示される

 主な搭載ソフトで、オリジナルのものは以下のとおり。

  • Lenovo Idea Touch 3.0
  • Lenovo VeriTouch
  • Lenovo Dynamic Brightness System
  • Lenovo Eye Distance System
  • Lenovo Vantage Technology Start Center
  • Lenovo Rescue System

 ほかに搭載されている主なソフト(サードパーティ)は以下のとおり。こちらはいずれもほかのPC製品にも搭載されていることが多く、見慣れたソフトだろう。

  • Microsoft Office Home and Business 2010(非搭載モデルもあり)
  • Power2Go 6.0
  • CyberLink PowerCinema
  • CyberLink MakeDisk
  • CyberLink YouCam 3.0
  • CyberLink Power DVD 9
  • i Filter 5.0
  • McAfee VirusScan

 起動直後のデスクトップにはショートカットアイコンが並んでいる。これは、各ソフトをタッチ操作で起動しやすくする配慮と思われる。また、コントロールパネルの「ディスプレイ」の設定で画面の表示設定が「中-125%」に設定されているため、アイコンやウィンドウなども通常のデスクトップよりやや大きめに表示されている。これも同様にタッチ操作に主眼を置いているためだろう。

 なお、次に紹介する「Idea Touch 3.0」を起点として、タッチ操作に対応するそれぞれのソフトをひととおり操作してみたが、A700に採用されている超音波表面弾性波方式のタッチパネルは想像以上に快適な操作感だった。

 誤認識や操作難はほとんどなく、レスポンスも軽快。マルチタッチによってマウス操作よりも快適な操作が可能だと言っても過言ではない。画面表示に関しても、輝度や発色なども通常の液晶ディスプレイとまったく異なるところはなかった。

 それではまず、搭載されているオリジナルソフトを紹介していこう。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事