このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Lenovo Ideaシリーズ大研究第87回

シンプルながら日常的に役立つ!

「IdeaPad U260」標準付属のアプリケーション

2011年11月23日 11時00分更新

文● エースラッシュ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プリインストールソフトはシンプル

 国内メーカー製のノートPCと比較すれば、「Idea Pad U260」にプリインストールされるアプリケーションは多くはない。しかし、このクラスのノートPCはセカンドマシンとして使われることも多いので、特に問題になることはないだろう。また最近では直販メーカーを利用したことがあるユーザーも増えているため、「なんでもかんでもアプリ揃ってます!」的なことを、それほど要求しないようにもなってきているはずだ。

 さて、「Idea Pad U260」に標準で用意されるレノボオリジナルの主なユーティリティーは以下のとおり。

「Lenovo EE Boot Optimizer」は簡単な手順で、省電力設定やバッテリーの寿命に関する設定ができる
  • Lenovo DirectShare
  • Lenovo EE Boot Optimaizer
  • Lenovo Security Suite
  • Lenovo Veriface 3.6
  • Lenovo Energy Management Software 6.0
  • OneKey Recovery

 サードパーティ製のアプリケーションは以下のようなものがプリインストールされている。

  • CyberLink YouCam3.0
  • McAfee VirusScan Plus (60日間評価版)
  • i-フィルター

 これを見るとわかるように、ユーティリティ類が中心であり、実用系のアプリケーションは「Kingsoft Office」の30日無料体験版くらい。これはマイクロソフトのOffice互換のアプリケーションで、30日以上利用する場合は、1ライセンスあたり1980円から購入することができる。

 ユーティリティ関係のアプリケーションも、Windows起動時の最適化ツールや顔認証でのログインを可能にするツールなど、「ちょっと快適、ちょっと便利で安心」を実現するものが中心だ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事