このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Lenovo Ideaシリーズ大研究 第78回

Core i3の基本性能は十分

コンパクトでも性能十分な、Lenovo H330

2011年08月10日 11時00分更新

文● エースラッシュ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レノボの「エッセンシャル」シリーズは、必要十分な性能を持っているリーズナブルマシンであることが特徴だ。しかし、その性能は意外に侮れないほど高い。レビュー第2回では、手頃な価格で手に入る快適マシンの性能を試してみよう。

デスクトップ用プロセッサ搭載で実力ばっちり

 「Lenovo H330」には、CPUに「Core i3-2100」または「Core i5-2310」を採用した2モデルが用意されている。どちらもデスクトップPC向けのCPUだ。

Lenovo H330とディスプレー付属モデルに同梱される「Lenovo L2262w」(21.5型フルHD対応)

 Core iシリーズにはモバイル向けの製品も存在しており、液晶一体型機ではこちらを採用しているケースも多々ある。ただし、モバイル向けのプロセッサは省電力であまり発熱しないように工夫されている。そのため、同じCore i3とはいっても、ノートPC向けのものより、デスクトップPC向けの方が一般的に高クロックで(動作速度が速く)、高性能だ。

Sandy Bridge世代のCore i3

 Lenovo H330に搭載されているCPUはいずれも第2世代のCore iシリーズ(通称Sandy Bridge)となる。Core iシリーズ(の一部)はプロセッサにグラフィックス機能を統合しているが、第2世代ではそのグラフィックス機能が強化されている。ハイビジョン動画などの映像鑑賞などがより快適にできるようになったCPUなのだ。

 メモリーは標準で4GB搭載されている。実用上は十分だが、より快適な操作感を追究するなら、最大8GBまで増設が可能だ。OSも64bit版のWindows Home Premium(SP1)が標準搭載されている。32bit版のWindows 7では4GBをフルに活用することができない。

 HDD容量は500GB。最近のデスクトップPCにしては少なめであるものの、録画したテレビ放送や高画素の一眼レフカメラで撮影した画像をため込むなどしなければ十分だ。本機はTVチューナーを搭載していないし、主目的はビジネスやインターネットになると思う。エンターテインメントマシンではないためか、光学式ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵している。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中