このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

まなめの「週刊Twitterなう!」 第36回

Twitterで話題呼んだ「青組と白組の映画」って何?

2010年03月24日 16時00分更新

文● まなめ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

140文字の名画「つぶやきシネマ」Twitterで上映中(21日)

 21日、名作映画を140字で表現する「つぶやきシネマ」という企画に多数のユーザーが挑戦した。発端は明和電機・土佐信道氏(@MaywaDenki)による「140文字内に映画を圧縮すると、どうなるか?」というツイートだ。

「『そぼくな青組』を『いじわるな白組』が攻撃。みかねた『やさしい白組』が『そぼくな青組』と組んで、『いじわるな白組』に反撃。勝利。<映画:アバター>」

 こうして土佐氏自身が「つぶやきシネマ」を投稿したのをきっかけに、多くのユーザーがさまざまな映画の140字レビューに挑戦して、大いに盛り上がりを見せた。

「指輪とられる → 別の奴にとられる → 別の奴にとられる → 別の奴にとられる → 別の奴にとられる → 前の奴にとられる → 別の奴にとられる → 前の奴にとられる → 勝手に捨てられる <ロード・オブ・ザ・リング>」

「ばくだんをばくはつしないようにするおしごとのおじさんは、まいにちばくだんにさわってるうちにやみつきになり、おしごとがおわってもおうちにかえらずつづけることにしました。たぶんそのうちしっぱいしてしぬ。<映画:ハートロッカー>」

「キャンプ場でエッチは死亡確定 <十三日の金曜日>」

「止まれない。<映画:スピード>」

「#movie140」に投稿が殺到した

 このような形で8000本を超えるツイートが集まったのを見て、土佐氏は「読んでると、映画を見てなくても、映画館に行った気になれる。いそがしい現代人にぴったりではないか!」と大満足。

 投稿内容は、ハッシュタグ#movie140で現在も「上映中」だ。ただ読んで面白がるだけでなく、ハッシュタグをつけて参加してみては?

 なお「つぶやきシネマ」を始めたきっかけについて、土佐氏は自身のブログで「星新一が生きてたら、ツイッターで小説を書いてたな」ということからアイデアが浮かんだという、詳しい経緯を紹介している。



まなめ

1996年開設の老舗ニュースサイト「まなめはうす」、Twitterまとめブログ「さまざまなめりっと」管理人。本業はシステムエンジニアでもある。その経験を活かし、「笑ってダマされタメになる!きたみとまなめのIT用語集」(ITpro)も連載中。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン