このページの本文へ

まなめの「週刊Twitterなう!」第73回

ツイッターまとめ「Togetter」英語版、ヒットなるか

2010年12月15日 12時00分更新

文● まなめ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

匿名ツイートで内部告発してみませんか?(7日)

 7日、ツイッターで匿名発言できるアカウント「ツイリークス」(@TwiLeaks)が登場、話題を呼んだ。

 アカウントは内部情報告発サイトWikileaks(ウィキリークス)へのオマージュ。Wikileaksは10月に米軍の機密文書を公開するなどして話題を呼び、現在、創設者のアサンジ氏は英国で別件逮捕されている。

Twileaks

 ツイリークスはその「ツイッター版」という位置付けのBOT。BOT宛てにダイレクトメッセージ(DM)を送ると、その内容を投稿するという仕組みだ。「お天気リーク機能」などのジョーク機能も実装している。

 ユーザーからは「どこまで意味があるか(どこまで正義か)は分からないけど、おもしろい試み」と評価されたが、いざフタを開けてみると「ネタ投稿アカウントになってて笑える」という状態に。発言数が多すぎたことが理由で、投稿数の規制対象になっていた。

 一方、「『フォローしているユーザー』が見られるTwitterでは(リークの)効果薄そう」という声や、「最後は運営者が匿名で、これまでの投稿者情報を暴露したりして」と、運営者との信用問題を心配する人もいた。

「数名しか知らないはずのツイリークス作った理由がリークされた」と、BOT作者も笑っていた

ガラパゴス生まれの「Togetter」、海外での評価はいかに(8日)

 京都で開催されている「Inifinity Venture Summit 2010 Fall Kyoto」で8日、ツイッターまとめサービス「Togetter」の英語版サイト「Chirpstory(チャープストーリー)」が発表され、サービスを開始した。

 Chirpstoryは「つぶやきの物語」という意味で、「ネイティブによる翻訳と(デザインの)リニューアル」「機能の絞り込み」「メディアコンテンツ編集機能」の3つをポイントとしてあげている。YouTubeやTwitpicなど、他のメディアコンテンツを追加できる独自機能により、海外ニュースサイト風のコンテンツを作れるのが特徴。

公式発表のアーカイヴ(Ustream)

 ユーザーからの「見た目が大人っぽい」「ネーミングも良い」との評価に、トゥギャッター株式会社の代表・吉田俊明氏(@yositosi)も「うれしい」とコメント。「頑張れ!超頑張れ!」「まだ海外でそんな流行ってないなら、いける気します」と、日本発のサービスの海外進出に期待する声があがった。

 吉田氏は「Chirpstoryは、Twitter専用のツールではなく、世界中の誰でもが作ることができ、誰でもが読むことができる user generated なメディア」と話す。

 その上で、「人類のつぶやきをまとめて、世界をひとつに(Shareing the world's stories, one Tweet at a time.)」と、開発にかける思いを語っていた。



まなめ

1996年開設の老舗ニュースサイト「まなめはうす」、Twitterまとめブログ「さまざまなめりっと」管理人。本業はシステムエンジニアでもある。その経験を活かし、「笑ってダマされタメになる!きたみとまなめのIT用語集」(ITpro)も連載中。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン