このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

元・AKB48の大島麻衣、衣装はひねりすぎたので正統派に!

2010年01月27日 19時45分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 元・AKB48メンバーで、現在はタレントとして活躍中の大島麻衣さんが、写真集『Fairy Tale』(発売:ワニブックス/2940円)の発売記念握手会を23日、新宿の福家書店サブナード店で行なった。

 昨年の握手会では犬の着ぐるみ姿で登場するなど、毎回コスプレ的なものを仕込んでくれた大島さん。ところが今回は普通の衣装。理由を聞いてみると、「(今まで)ひねりすぎたので正統派に。バレンタインも近いし、かわいいのもいいなと思いまして」とのこと。逆にこうした衣装のほうが新しい感じがしてしまうのは、大島さんだからこそといった感じである。

 写真集のタイトルは「おとぎ話」の意味で本人が考えたもの。撮影を沖縄で行なっていて、島に到着するところからストーリーがスタート。途中ではなぜかピンクの着ぐるみが現れ、大島さんとの友情やライバル関係を写真で表現。そしてラストへと続く……という内容になっている。

――作品に点数を付けるとしたら?
【大島麻衣】100点満点なら、プラス星5つです。タイトルは締め切りまでずっと考えていて、「サバイバル」などの候補もあったけれど、調子に乗って英語にしたいなと。物語的なものを出したいと思って『Fairy Tale』になりました。

――沖縄での撮影に関しては?
【大島麻衣】撮影期間中、気にしないでご飯を食べちゃうんですよ。それが問題点(笑)。ロケバスの中でもいっぱい……。ちんすこうや海ブドウも好きなんですよね。

――気に入ってる写真を挙げてください。
【大島麻衣】妖精に憧れているので、森の妖精っぽい写真ですね。葉っぱの写りもきれいだし、みんなにほめられました。

 勢いに乗るAKB48を昨年4月で卒業した大島さんだが、卒業時期に関しての質問が出た際には「自分にとってはベスト。4月だしちょうどいいと思います」とコメント。もし、13枚目のシングルの選抜メンバーを決める総選挙に出ていたら、プレッシャーのかからない12位くらいがちょうど良いとも話していた。

 29日には、深夜バラエティのDVD版『バナナマンのブログ刑事 vol.1』の発売記念イベントに、バナナマンの日村勇紀さんと設楽統さんとともに参加する。場所は虎ノ門のポニーキャニオン本社にて。18時の開場で、18時半からスタート。参加券が手に入る対象店舗などの情報は大島さんの公式HPを参照してほしい。

(写真特集ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ