このページの本文へ

AOpen「XC Mini GP7A-HD」

AOpen、「Socket P」+「ION」のハイスペックベアを近日発売

2009年12月01日 23時45分更新

文● 宇田川和成/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AOpenから、チップセットにGeForce 9300Mを採用するSocket P対応ベアボーンキット「XC Mini GP7A-HD」が12月中旬にも発売される予定だ。

チップセットにGeForce 9300Mを採用するSocket P対応ベアボーンキットAOpen「XC Mini GP7A-HD」

 本製品はSocket P対応「モバイルPenryn 45nm デュアルコアCPU」+IONプラットフォームという組み合わせのベアボーンキット。AOpenでは“スーパー「ION」”と呼び高性能なベアシステムであると謳っている。
 主なスペックは、サイズが61(W)×166(D)×180(H)mm、ドライブベイには標準でスロットイン式スーパーマルチドライブを搭載。対応CPUはSocket P対応Core 2 Duo/Celeron M(FSB 1066MHz/800MHz/667MHz)、拡張スロットがMini Card Slot×1。メモリスロットはDDR3 SO-DIMM(1066/800)×2(4GBまで)、オンボードインターフェイスには6chサウンド(Realtek HD Audio Codec)、ギガビットイーサネット、USB×6、eSATA×1、マルチカードリーダー(SD/MMC/RS MMC/xD/MS/MS Pro)を搭載。I/O部にはD-Sub/HDMI/の各出力を備える。電源は90WのACアダプタ仕様。予価はオリオスペックで3万9800円となっている。

対応CPUはSocket P対応Core 2 Duo/Celeron M(FSB 1066MHz/800MHz/667MHz)、メモリスロットがDDR3 SO-DIMM(1066/800)×2(4GBまで)。I/O部はD-Sub/HDMI/の各出力を備える
「XC Mini GP7A-HD」の特徴他者製品とのベンチマーク比較

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中