このページの本文へ

Shuttle「X50」

Shuttle、Atom採用の液晶モニタ一体型ベアボーン「X50」

2009年09月17日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 直感的な操作が可能なタッチパネル採用の液晶モニタ一体型ベアボーン「X50」がShuttleから発売となった。

「X50」 直感的な操作が可能なタッチパネル採用の液晶モニタ一体型ベアボーン「X50」がShuttleから発売

 この製品はすでに販売中のOSなしの完成品PCモデル「X5000」のベアボーンバージョンとなるもの。メモリとHDD、OSが別売で、価格は4万9800円となった。
 その他、主なスペックは同様に採用CPUはデュアルコアとなる「Atom 330」、チップセットが「インテル945GC」+「ICH7」。VGAやギガビットイーサネット、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、6chサウンド、4in1カードリーダー、130万画素Webカメラなどを搭載。
 また、内蔵2W+2Wのスピーカー搭載の15.6インチワイドパネル(16:9)は、1366×768ピクセルをサポート。タッチスクリーンはシングルタッチ方式が採用し、スタイラスペンが付属。普段はスタンドが付いている背面はVESA規格準拠で、壁掛けやモニターアーム等を使用する事も可能。サイズは391.3(W)×36(D)×327(H)mm、重量約3.6kg。65WタイプのACアダプターで駆動する。今日から販売しているのはT-ZONE.PC DIY SHOPだ。

ポップ
主なスペックは同様に採用CPUはデュアルコアとなる「Atom 330」、チップセットが「インテル945GC」+「ICH7」。メモリとHDD、OSが別売りとなり、価格は4万9800円と安価となった

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中