このページの本文へ

年額5150円でメールとカレンダー、アドレス帳を提供する

IBM、グーグル/MS対抗の「LotusLive iNote」

2009年10月07日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月6日、日本IBMは企業向けのメールとカレンダー、アドレス管理のクラウドサービス「IBM LotusLive iNotes 1.0」を発表した。価格は、1ユーザあたり年間5150円(税抜)で、1GBのストレージ容量が用意される。

 IBMでは、LotusLive iNotesを高い信頼性とセキュリティやプライバシーに対応したサービスとしており、ウイルス/スパム対策を標準的に提供し、SSLによる暗号化、セキュアなパスワードリカバリーなどが用意される。

IBM LotusLive iNotesのコンタクトリスト

 同社のLotus NotesやマイクロソフトのExchange Serverとの連携機能も持っており、すでに利用している社内のアドレス帳や配信リストと連動したアドレス管理も行なえる。

 「LotusLive iNotes」の専用サイトには、サービス申し込みのためのメールフォームがあり、また30日間の無料試用アカウントの登録が行なえる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ