このページの本文へ

クーラーマスター「Hyper 212 Plus」

クーラーマスター、LGA 1156対応クーラー「Hyper 212 Plus」

2009年10月06日 22時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最新のLGA 1156にも対応するクーラーマスター製のCPUクーラー「Hyper 212 Plus」(型番:RR-B10-212P-GP)のサンプル版が到着。近日発売となる予定だ。

最新のLGA 1156にも対応するクーラーマスター製のCPUクーラー「Hyper 212 Plus」(型番:RR-B10-212P-GP)のサンプル版

 オーソドックスなサイドフロータイプの製品で、アルミ製フィンと4本のヒートパイプ、120mm角ファンで構成される新型のCPUクーラー。なお、ヒートパイプは流行りの直冷式を採用。全体のサイズは79.7(W)×120(D)×158.5(H)mmで、重量は626g。120mm角ファンはPWM制御(600rpm~2000rpm/13dB~32dB)で、別途付属のファン用クリップにより任意の1基を増設可能だ。ちなみに、付属の120角ファンブレード部には“CoolerMaster”と文字が入れられている。
 その他、対応ソケットはLGA 1366/1156/775、Socket AM2/AM2+/AM3。取り付けはバックプレートとネジを使った固定で、一度装着すればCPU交換時にもマザーボードの取り外しは不要だ。サンプル版が入荷しているT-ZONE.PC DIY SHOPによると「近日中に予価が判明。発売も近いと聞いている」とのこと。

120mm角ファンはPWM制御(600rpm~2000rpm/13dB~32dB)タイプが付属。ブレード部には“CoolerMaster”と文字が入れられている

取り付けはバックプレートとねじを使った固定で、一度装着すればCPU交換時にもマザーボードの取り外しは不要。ネジ固定式を採用するLGA 1156対応クーラーは意外と少なく、現時点では貴重なモデルといえる

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中