このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

あなたの知らないWindows 第12回

Westmere世代CPUへの最適化を進めたWindows 7

2009年10月01日 12時00分更新

文● 山本雅史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 7は最新のインテルCPUに対応して、さまざまな部分でチューニングされている。今回は、先週行なわれたインテルの開発者向け国際会議「Intel Developer Forum」(以下IDF2009)での関連セッションを元に、最新CPUとWindows 7の関係を解説しよう。


CPU統合型グラフィックスでのメリット

 2009年末頃に発表される予定の「Westmere」コアを採用したデュアルコアCPU「Clarkdale」と「Arrandale」には、新しい統合型GPUコアがCPUパッケージに内蔵される。

Clarkdaleは、CPUパッケージ内部にグラフィックスコアがマルチモジュールで入っている

Clarkdaleは、CPUパッケージ内部にグラフィックスコアがマルチモジュールで入っている。ソケットはLynnfieldと同じLGA1156ソケット

 Windows 7では、グラフィックドライバーモデルの「WDDM 1.1」(Windows Dsiplay Driver Model)で、統合型GPUを念頭において設計されている。

 統合型GPUでは、メインメモリー上にビデオメモリー領域を確保する。Windows 7で採用されたWDDM 1.1では、ウインドウごとにメインメモリー上にワーキング領域を取っていたWDDM 1.0の方式を改め、使用するメモリーが少なくなった。これにより、Windows 7では多数のウインドウを開いても、多量のメモリーを消費しなくなったので、パフォーマンスも改善した。

WDDM 1.1では、ディスプレードライバーが使用するメモリーが少なくなっている

WDDM 1.1では、ディスプレードライバーが使用するメモリーが少なくなっている

 特にClarkdaleでは、メモリーコントローラーがGPUコア側にあるため、GPUから高速にメモリーアクセスが可能となる。さらにインテルでは、Clarkdaleの統合型GPU用のドライバーソフトをチューニングしている。このチューニングにより、GPUが使用するメモリーサイズをコンパクトにしているという。

ClarkdaleのGPUコアは、Intel G965/GM965の発展型

ClarkdaleのGPUコアは、Intel G965/GM965の発展型。DirectX 10とShader Model 4.0に対応する

 ただし、インテルのGPU内蔵型チップセットでWDDM 1.1に対応するのは、G35/GM965、G45/GM45以降のチップセットになる。そのため、ネットブックに多い945G系や、安価なG33などではWDDM 1.0までのサポートとなる。

WDDM 1.1をサポートするのは、G35/GM965、G45/GM45など

WDDM 1.1をサポートするのは、G35/GM965、G45/GM45など。もちろんClarkdaleのGPUもWDDM 1.1をサポートする

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン