このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

都庁前iPhoneクラブ第14回

厳選iPhoneアプリ 徹夜必至のおもしろパズル10選

2009年07月19日 15時00分更新

文● 都庁前iPhoneクラブ制作委員会

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
カリーさん
「みんな、遅いなぁ。でも待ち時間でもパズルゲームがあるから暇じゃないもん!」と、レスラーマスクの「カリー」さん。座談会の収録日が某Mac雑誌の入稿と重なってしまい、なかなか人が集まらなかったが、パズルゲームで暇をつぶしていたとかいないとか

 iPhoneの最新情報を交換するため、ASCII.jp内に私的に結成された「都庁前iPhoneクラブ」。前回まで、スポーツアクションとお勧めのiPhoneアプリを20本紹介してきたが、それらに続けて、今回はパズルゲームを熱く語っちゃうぞ!

Rolando 2 Flight Control Zen bound Blackbeards Assault フルーぽんっ!
Rolando 2 Flight Control Zen bound Blackbeards Assault フルーぽんっ!
Lock n Roll Pro Tetris つみねこ Azkend Enigmo
Lock n Roll Pro Tetris つみねこ Azkend Enigmo

センスの塊! アクションパズルの傑作「Rolando」

Rolando 2

カリー:iPhoneとパズルはすごく相性がいいと思うんだよね。iPhoneのゲームって、例えば電車の待ち時間とか、少し時間が空いて喫茶店に入ったときとかにやりたいじゃん。そうすると、サクっと始めてすぐに終わるパズルがまずシチュエーションとして合っている。

マッチョ:そうかもね。

カリー:特にアクションパズル系は、iPhone独自のセンサーを使った良作がゴロゴロしているよね。

Rolando 2
ngmocoの「Rolando 2」。価格は1200円

マッチョ:お、そこで俺の大好きな「Rolando」ちゃんですな(iTunes Storeで見る)。最近、続編の「Rolando 2 ゴールデンオーキッドを探せ」も出た(iTunes Storeで見る)。もうiPhoneユーザーなら誰もが当然持っているでしょう。みんな、やってますか?

カリー:当然。

マッチョ:俺はLite版で4面まで……。

カリー:Lite? 待て待て。Liteって無料のやつ? そこまで大見得切っておいて、買ってないって(笑)。おれは2まで買いましたよ。

マッチョ:だってLite版でも8面も遊べるんですよ。まだ全部、終わってないし。

ニッシー:割と難しいですよね。僕はLite版でもクリアーできない面がありました。

マッチョ:まぁLiteかどうかは置いておいて、Rolandoのいいのは、まずこのグラフィックと世界観。「ウゴウゴルーガ」のような雰囲気の絵がいいよね。俺はゲームではなくて、単純に絵と音楽だけで好きになってしまった。

 まず最初の飛び出す絵本みたいなグラフィックで心をガッチリつかまれたね。このセンスはiPhoneを買った人なら「おお〜」みたいな感じで共感してくれるはず。アップル製品を好んで使う、とてもセンスのいい人間向けですね。

ニッシー:またそんな「マカー」な電波発言を(笑)。

Rolando Rolando Rolando
マッチョ大絶賛の飛び出す絵本のようなステージ選択画面(これのみ初代Rolandoの画像)

マッチョ:音楽もスゴいんだってば。「普通のゲーム機のレベルじゃねぇ」って思ってたら、実はアメリカの「Mr. Scruff」という超有名なDJが手掛けていた。ジャズっぽいヒップホップの曲を作っていて、センスがいいと評判のアーティストです。

ニッシー:日本で言うと「ドラクエに『すぎやまこういち』を起用」みたいな感じ?

マッチョ:すぎやまこういちのようにメジャー感のある人というよりは、音楽好きの人が知ってるアーティストだね。そのセンスあるグラフィックの中に、これまたセンスのある音楽を入れてきたのがスゴいなと。そのへんが、ウゴウゴルーガっぽいっていう。これ、絶対ヘッドホン付けて遊ばなきゃダメです。

ニッシー:今初めて聞きましたよ音楽(笑)。

カリー:でもゲームって、グラフィックや音楽だけじゃなくて、触ってて楽しいところも重要じゃない?

マッチョ:うん。その点でも、Rolandoはセンスいいよね。傾きセンサーでキャラクターたちを移動させたり、タッチパネルでドラッグしてキャラクターを複数選択したりといった感じで、単純に動かしているだけでも面白い。

Rolando Rolando Rolando
個性的なキャラクター・ローランドーたちをタップやドラッグして選択。iPhone/iPod touchを傾けたり、画面をタップしたりして、出口まで誘導するという内容だ
Rolando Rolando Rolando
ジャンプ台やリフトといったギミックもある。1では36のステージ、2では45以上のステージが楽しめるぞ

ニッシー:これはiPhoneならではの楽しさって感じがしますよね。iPhoneゲームは、ほかのゲーム機からiPhoneに移植したタイトルも多いですが、中にはやり込めばやり込むほどうまく操作できなくてイライラがつのるものもある。そうなると、iPhoneじゃなくて、別のゲーム機でやればいいじゃんって気になっちゃう。

マッチョ:Rolandoはシンプルだしね。でも何面か進むと、「ロードランナー」のような計算が必要だったりして、その辺のバランスもいい。Rolandoはね、たぶん女の子受けもいいハズだよ。

ニッシー:iPhoneをよく知らない人に見せると評判がいいですよね。「こういうゲームができるよ」って、ゴロゴロとやってみせると「あ、面白〜い」って感じになりますよ。でもそのためにはRolando上手くなっておかないとダメですね。クリアできないで困ってるところを、颯爽と助けてあげるって役目じゃないと(笑)

マッチョ:モテたきゃRolandoだよね。

カリー:先週、マッチョが紹介した「パンクジャスティス」とはエラいギャップだなぁ(関連記事)。Rolandoが南極だとしたら、パンクジャスティスは北極だもん(笑)。

(C) 2009 ngmoco, Inc.

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中