このページの本文へ

富士の風になるんだ!

気分はF1マシン! タイヤ転がしGPにASCII.jpが出場!

2009年06月29日 20時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヘルメットが何度も取れそうになりながらも、懸命にタイヤを転がす佐久間。ヘルメット交換の時間を少しでも短くしようと、アゴヒモを付けずに被っていたのが悪かったのか、タイヤを転がしながらヘルメットも抑えないといけないため、変な体勢になってしまっている。

よく見ると、もう終わったドライダーたちにも抜かされている!

ヘルメットが落ちそうになり、背中のゼッケンも剥がれそう。まさに満身創痍

 第4走者はこのメンバーの中で一番カラダを動かしていると思われる、ドクター樋山。胸の暫定ちゃんステッカーがキラリと光る。かなりのスピードでタイヤを転がしているものの、第3走者までのタイムロスが激しく、撤収を始めている第1走者に追いつかれてしまっている状況だ。

本命であるドクター樋山に交代! 白衣とF1タイヤってシュールな組み合わせだ

やはり自転車のようにはいかないのか、ちょっとおろおろするドクター樋山

 第5走者は、このメンバーの中で一番FSWを走っていると思われる望月。最年長の貫禄で、うまい具合にタイヤを運んでいく。樋山~望月ラインでかなりタイム的に挽回したのではないだろうか。いよいよアンカーである、カリーにバトンタッチ!

最年長ながら、ママチャリGPで最多周回数を記録した望月に交代! そしてやりきった感のあるドクター樋山

速い速い! コロコロとタイヤを転がしていく。さすが(?)、サーキット歴も長いだけある

 カリーは連日の徹夜に加え、極度の乗り物酔い体質。かなり弱っていたが、都庁前iPhoneクラブ代表の意地を見せて見事にチェッカー! 覆面マスクをしたその姿は、違う意味で注目の的になっていた。結果は……案の定、ブッチ切りのビリ! これまた違う意味で目立ってしまった。

最終走者、カリーの登場! 交代の直前まで、iPhoneを使ってツイッターで実況していた。いや、仕舞おうよ!

他のチームがすべてゴールしてしまった中、孤独にタイヤを転がす徹夜明けのカリー。頑張れ! 超頑張れ!

一番左のレーンを走っていたのに、いつの間にかコース真ん中までズレていた。不思議だ

(次のページへ続く)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ