このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

女子校生の上を行く! 携帯電話節約術 第5回

父さん、ケータイに電話するときは番号付けましょう

2009年06月08日 16時00分更新

文● 小林 誠/ゴーズ、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「00XY」はケータイ→ケータイよりも得!
……の場合もある

 とりあえず「00XY」を付けると大変お得であることはわかったが、前回の本連載で紹介したケータイ→ケータイの最安コースと比較してみよう。基本料金を含めるケースでは、まだケータイ→ケータイの料金を下回ることはできないが、その差は随分縮まった。

基本料金を含む価格比較

基本料金を含めた場合の価格比較では、ここでもまだケータイへはドコモやauの端末から通話した方が安いことがわかる

 一方、「固定電話の基本料金は固定費」と考えて、基本料金を除いたケースでは、ケータイからの方がお得になる境目は、おおよそ約230~250分以上となる。

基本料金を含まない価格

固定電話を解約しないことを前提に、固定電話の基本料金分を差し引いたときの価格比較。ケータイへの通話時間が相当長くない限り、固定電話からのほうが安く収まることがわかる

 毎日10分程度、もしくは週に1回1時間以上電話するような、特別に仲のよい親子ならともかく、普通に週1回5分を電話で話す程度であれば、「00XY」を付けた固定電話から通話するほうがお得だ。そもそも月に何時間も通話するような家族の場合、キャリアを統一して家族割系サービスを利用すれば24時間定額になり、ずっとお得であることは前回も紹介したとおりだ。

「プラチナ・ライン」でさらに得する

 ちなみにここまで紹介したNTTコミュニケーションズの料金は「プラチナ・ライン以外」という但し書きが必要となる。

 プラチナ・ラインはここまで説明してきたサービスとは異なり、別途申し込みが必要であり、また識別番号を付加しなかった場合、自動的にNTTコミュニケーションズの回線が選択される「マイラインプラス」の登録も必須となる。

 プラチナ・ラインでは固定電話間の通話代など、さまざまな変更が生じるので、今回はあくまで例外的な扱いとしたが(なので、ケータイ以外の通話料なども含めて、総合的に検討した上で申し込んでほしい)、ケータイ電話向けの通話料はさらに安く、すべてのキャリアについて、17.325円/分→16.8円/分となる。

 ドコモのケータイへ電話するのならNTT東日本の「0036」同等で、ソフトバンクのケータイへ電話するなら「プラチナ・ライン」+「0033」が最も安くなる計算だ。

 またKDDIについても、マイライン登録などと組み合わせる「だんぜんトークII DX」「だんぜんトークII」の申し込みで通話料がau宛の通話料が16.45875円/分になる。こちらも手続きが必要なので、ただ番号を追加するだけという気軽さは無くなってしまう。


 もはや固定電話からケータイに電話するときに欠かせない存在であることがわかった「00XY」。自分で使うのはもちろん、実家に帰ったときには固定電話の近くにでもメモを貼り付けて、両親にも使ってもらってはどうだろうか。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン