このページの本文へ

Google検索に「ワンダーホイール」など、新機能 (1/3)

2009年05月13日 06時01分更新

文●中野克平/デジタルコンテンツ部編成課

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

検索結果をパーソナライズするサーチウィキが正式導入された(関連記事)のに続き、5月13日午前6時(日本時間)、「検索ツール」が正式公開された。海外では3月から公開テストが始まり、Web方面で話題になっていた「Show options…」メニューの日本語版だ。

 5月13日から、Google検索に「検索ツール」というメニューが加わった。リンクをクリックするとWebページ左側に「すべての結果」や「動画」、「掲示板」という情報ソース別のフィルタリング機能、「最近の結果」「24時間以内」「1週間以内」「1年以内」というページ更新日別のフィルタリング機能、「ワンダーホイール」という謎のリンクが用意されている。

Google検索画面に登場した検索ツール

Google検索画面に登場した検索ツール

 実は海外では3月から「Show options…」メニューの公開テストが始まり、一足早く正式公開されたサーチウィキ同様、Googleウォッチャーの間で話題になっていた。日本国内でも、一部のユーザーは12日以前から利用可能になっており、話題にするブログもあった。


ページ更新日別のフィルタリング機能

「小沢一郎」について、24時間以内に更新されたページを絞り込んだところ

「小沢一郎」について、24時間以内に更新されたページを絞り込んだところ

 ページ更新日別のフィルタリング機能は目新しいものではない。「検索」ボタンの横にある「検索オプション」リンクをクリックし、日付を指定すればまったく同じことができる。


情報ソース別のフィルタリング機能

動画でフィルタリングする場合は、再生時間が4分未満、4~20分、20分以上を選択できる

動画でフィルタリングする場合は、再生時間が4分未満、4~20分、20分以上を選択できる

 「すべての結果」や「動画」、「掲示板」という情報ソース別のフィルタリング機能も、検索オプションのsite演算子を使って、「ガイドライン site:2ch.net」のように指定すればほぼ同じことができる。

掲示板でフィルタリングすると、2ちゃんねるやYahoo!掲示板などだけが表示される

掲示板でフィルタリングすると、2ちゃんねるやYahoo!掲示板などだけが表示される

 とはいえ、日付指定もsite演算子も、誰もが使える便利な機能にはほど遠い。「検索ツール」としての提供は、Googleのオプション機能を誰もが使えるようにするユーザーインターフェイスの改良だろう。

前へ 1 2 3 次へ

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く