このページの本文へ

MSI「790FX-GD70」「790GX-G65」

MSI初のAM3+DDR3メモリ専用マザーが2モデル発売開始

2009年03月19日 23時55分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSI初となるDDR3メモリ専用のSocket AM3対応マザーボードが2モデル、「790FX-GD70」と「790GX-G65」が発売となった。

「790FX-GD70」

「790FX-GD70」 チップセットに「AMD 790FX」+「SB750」を採用するSocket AM3対応マザーボード「790FX-GD70」

 「790FX-GD70」は、チップセットに「AMD 790FX」+「SB750」を採用する製品。主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0)x16×4(x16+x0+x16+x0もしくはx8+x8+x8+x8)、PCI Express x1×1、PCI×2。メモリはDDR3 DIMM×4(DDR3-2133(OC)/1800(OC)/1600(OC)/1333/1066/800MHz、16Bまで)という構成。オンボードインターフェイスには、8chサウンド(Realtek/ALC889)、デュアルギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111D)、IEEE1394、Serial ATA II×8、eSATA×1(USBと排他利用)、IDE×1などを搭載。
 高効率と低発熱を両立させた新世代電源制御チップ「DrMOS」を搭載するほか、CPUのオーバークロック上限値を自動でセット出来る「MAX FSB」、CMOSクリア/Power/Resetの各スイッチをボード上に実装する点なども特徴だ。価格はアークで2万1800円。

拡張スロット I/O部
4本あるPCI Express(2.0)x16スロットはx16+x0+x16+x0もしくはx8+x8+x8+x8動作。新世代電源制御チップ「DrMOS」を搭載するほか、CPUのオーバークロック上限値を自動でセット出来る「MAX FSB」、CMOSクリア/Power/Resetの各スイッチをボード上に実装する点なども特徴だ

「790GX-G65」

「790GX-G65」 I/O部
チップセットに「AMD 790GX」+「SB750」を採用するVGA機能オンボードの製品「790GX-G65」。I/O部にはVGAとDVI、HDMI出力を備えている

 「790GX-G65」はチップセットに「AMD 790GX」+「SB750」を採用するVGA機能オンボードの製品。主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0)x16×2(x16+x0もしくは x8+x8)、PCI Express x1×2、PCI×2。メモリはDDR3 DIMM×4(DDR3-1600(OC)/1333/1066/800MHz、16Bまで)という構成。オンボードインターフェイスには、8chサウンド(Realtek/ALC889)、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111D)、IEEE1394、Serial ATA II×6、IDE×1などを搭載。I/O部にはVGAとDVI、HDMI出力を備えている。価格はアークで1万6980円となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中