このページの本文へ

サイズ「KABUTO(兜)」

トップフロータイプの新型CPUクーラー「KABUTO(兜)」

2009年03月11日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイズ製のトップフロータイプとなる新型CPUクーラー「KABUTO(兜)」(型番:SCKBT-1000)が来週19日頃に発売予定となっている。

「KABUTO(兜)」 製品
サイズ製のトップフロータイプとなる新型CPUクーラー「KABUTO(兜)」(型番:SCKBT-1000)が来週19日頃に発売予定

 同製品は、既存モデル「無限2」で採用されている「多重エアフロー透過構造:M.A.P.S」のトップフロー型CPUクーラーで、CPUの受熱部だけでなくソケット周りまでエアフローを送る事が可能。独立した3ブロック構造のフィン設計は、同社オリジナル設計ファン「KAZE-JYUNI」との組み合わせにより、より高い冷却効率が得られるという。
 ヒートパイプは6mm径×6本構成。対応ソケットは、LGA 1366/775/Socket478/Socket AM3/AM2+/AM2。LGA 1366/775はリテールクーラー同様のプッシュ式リテンション、その他は専用のクリップ式リテンションがタイプ別に2種類が同梱されている。本体の大きさ120(W)×133(D)×132(H)mm、重量730gで、搭載ファンは120mm角タイプのKAZE-JYUNI。回転数が200~1300rpm±10%のPWM可変式で、3ピン接続での回転数は最大1300rpm固定。価格はフェイス本店で4770円、アークやZOA秋葉原本店、ドスパラ秋葉原本店、T-ZONE.PC DIY SHOPで4980円を予定しているとのこと。

底部 サイド
既存モデル「無限2」で採用されている「多重エアフロー透過構造:M.A.P.S」のトップフロー型CPUクーラーで、CPUの受熱部だけでなくソケット周りまでエアフローを送る事が可能
リテンションキット 「Andy」のサイン
LGA 1366/775はリテールクーラー同様のプッシュ式リテンション、その他は専用のクリップ式リテンションがタイプ別に2種類が同梱。パッケージには「Andy」のサインが見える

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中