このページの本文へ

年末年始はゲーム三昧!「聖剣伝説4」や「アーマード・コア4」など待望の新作ゲームが一斉に発売!

2006年12月21日 00時00分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 21日はコンシューマーゲームの大作が数多く発売となった。秋葉原のゲームショップには、PS3の「アーマード・コア4」、PS2の「聖剣伝説4」、PSPの「メタルギアソリッド ポータブル オプス」など、各プラットフォームごとの新作が所狭しと陳列されており、クリスマス前ということもあり大賑わいとなった。これだけビッグタイトルが揃えば、年末年始が暇になるということはまずないはずだ。

アソビットゲームシティ ソフマップ秋葉原本店
クリスマス前ということもあり、大量のソフトが発売に!各ショップでは店頭販売などに力を入れて盛り上げていた

 ショップで目立っていたのは「聖剣伝説4」。同シリーズはファイナルファンタジーの外伝としてスタートしたアクションアドベンチャーゲームで、スーパーファミコン版から実に10年振りのナンバリングタイトルとなる。今回は、物語のキーとなるマナの樹と聖剣が誕生する秘密が語られ、シリーズの原点となるストーリーが描かれる。シリーズ初の3Dグラフィックを採用しており、見た目にもシステムが大幅に進化している。スクウェア・エニックスの人気シリーズということで、発売を待ちわびていた人も多いはずだ。価格はアソビットゲームシティで5980円、ソフマップ秋葉原本店で6270円。

「聖剣伝説4」 「聖剣伝説4」ポップ
スクウェア・エニックスのアクションアドベンチャーゲーム「聖剣伝説4」。プラットフォームはPS2

 一方、コナミデジタルエンタテインメントの戦略諜報アクションゲーム“メタルギアソリッド”シリーズの新作「メタルギアソリッド ポータブル オプス」がPSPで発売された。本作は「メタルギアソリッド3」の6年後の話となり、「メタルギアソリッド3」と「メタルギアソリッド4」をつなぐ物語となる。ユニークなのが、PSPの無線LAN機能を使用して現実の街中にある無線アクセスポイントの電波を受信すると、新たなキャラクタを集められる点。集めた仲間と部隊を結成し、他のプレイヤーとの対戦が可能だ。価格はソフマップ秋葉原本店で4480円、アソビットゲームシティで4680円。なおソフマップ秋葉原本店では、同店のロゴやマスコットキャラ「マップチュ」が描かれた戦闘服を着た“強化兵士”のデータ配信を行なっているほか、23日14時からは小島秀夫監督のトークショーとサイン会を予定している。

「メタルギアソリッド ポータブル オプス」 ソフマップオリジナル強化兵士
大人気戦略諜報アクションゲームシリーズのPSP版「メタルギアソリッド ポータブル オプス」。「メタルギアソリッド3」の6年後が舞台となっており、3と4を繋ぐ物語となるソフマップ秋葉原本店では、同店のロゴやマスコットキャラ「マップチュ」が描かれた戦闘服を着た“強化兵士”の無料ダウンロードサービスを実施中

 そしてPS3では、話題のロボットアクションゲーム「アーマード・コア4」がフロムソフトウェアからついに発売された。頭や腕といった各部パーツを自由に組み替えて、自分だけのオリジナルメカを作成して戦うゲームで、このゲームのためにPS3を買った(買いたい)という人も多いはずだ。プラットフォームをPS2からPS3に移行したことで、グラフックの質感や爆発などのエフェクトが格段に向上しているのは言うまでもない。息を呑むほどのグラフィックで戦闘に没入していると、言い知れぬ優越感に浸れること間違いなし。PS3ユーザーなら買って損はないだろう。価格はソフマップ秋葉原本店で6980円、アソビットゲームシティで7329円。

「アーマード・コア4」
フロムソフトウェアの看板タイトル「アーマード・コア4」。頭や腕などの各部パーツを自由に組み替え、自分だけのオリジナルメカを作成して戦うロボットアクションゲームの第4弾だ。プラットフォームをPS3に移したことでグラフィックが格段に向上し、戦場のリアルさが増している

 PCソフトも大作が発売されている。日本ファルコムの「イース・オリジン」だ。PC-8800シリーズなどで1987年に発売されたアクションRPG“イース”シリーズの最新作。シリーズ7作目(リメイクを除く)となる本作は「イースI」や「イース2」の700年前の古代イース王国末期が舞台となる。同シリーズの主人公である赤毛の剣士アドル・クリスティンは今回降板しており、本作では特徴の異なる2人から主人公を選択することとなる。主人公の選択によってアクションやストーリーが変化するなど、今までにないゲームシステムを採用しているのが特徴だ。価格はソフマップ秋葉原本店とZOA秋葉原本店で7510円、アソビットゲームシティで7770円。

「イース・オリジン」 販売中
日本ファルコムのアクションRPG「イース・オリジン」。シリーズ7作目(リメイクを除く)となる本作は「イースI」や「イース2」の700年前の古代イース王国末期が舞台となる人気シリーズの新作とあって、各ショップとも販売に力を入れていた
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ