このページの本文へ

Gigabyte製水冷キットに新モデル! 「3D Galaxy II」のデモがアークでスタート!

2006年09月21日 21時54分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Gigabyte製水冷キット「3D Galaxy」の後継モデルとなる「3D Galaxy II」のデモがアークで始まった。CPUの冷却はもちろんオプションの製品を使用すれば、チップセットやビデオカードの冷却も可能となるのが特徴だ。

3D Galaxy II 3D Galaxy II
Gigabyte製水冷キット「3D Galaxy」の後継モデルとなる「3D Galaxy II」。CPUの冷却はもちろんオプションの製品を使用すれば、チップセットやビデオカードの冷却も可能となる

 製品は、ボンプ一体型タンク、ラジエータ、CPU用ウォーターブロックがセットになった水冷キット 。ケース背面に取り付ける120mm角ファンを搭載したラジエータや直径1/2インチのチューブなどの特徴はそのままだが、新たにCPU/チップセット/ビデオカードに分岐するスプリッターが付属するのがポイント。オプションとして発売予定のチップセットやビデオカード用のウォーターブロックを購入すれば、同時冷却が可能となる。対応CPUはLGA775やSocket 939/AM2など。
 先日発売となった同社製ATXケース「3D Aurora 570」を使いデモを行っているアークによると、近日発売予定で予価は2万1980円。ビデオカード用のウォーターブロックキットが予価5980円となっている。

ラジエータ 背面
ケース背面に取り付ける120mm角ファンを搭載したラジエータ。同社製ATXケース「3D Aurora 570」には専用のチューブ口が設けられている
スプリッター スペックリスト
新たにCPU/チップセット/ビデオカードに分岐するスプリッターが付属するデモ機のスペックリスト
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ