このページの本文へ

CPU/ビデオカード両対応のクーラーマスター製新型水冷キット「AQUAGATE VIVA」のサンプル版が秋葉原に登場!

2006年09月22日 21時28分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月に行われたクーラーマスター主催のアキバイベント“CoolerMasterEXPO2006”でも展示されていたCPU/ビデオカード両対応の水冷キット「AQUAGATE VIVA」のサンプル版がアキバに登場した。発売は今月28日頃の予定だ。

AQUAGATE VIVA AQUAGATE VIVA
CPU/ビデオカード両対応の水冷キット「AQUAGATE VIVA」のサンプル版。発売は今月28日頃の予定だ

 「AQUAGATE VIVA」は、水枕とポンプを一体化することで省スペースを実現。その水枕部分は、LGA775/Socket478/AM2/939/940/754といったCPUのほか、リファレンスデザイン準拠のATI/NVIDIA系GPUの冷却に使用することもできるというのが特徴だ。
 ラジエーター部は70mm角の冷却用ファンを2基搭載。このラジエーターは、PCIスロットや3.5/5インチ、さらにはモデルによってケース側面パネルのネジ穴などを利用して装着することもできるという。そのほか、水枕とラジエーターの間にはアラーム機能付きの水流フローインジケーターも搭載し“音”と“視覚”でシステムの状態をモニターすることが可能。冷却水は、2年間のメンテナンスフリー仕様(ラジエーター部から補充および交換が可能)となる。高速電脳の予価は1万899円。現在予約を受け付けており、週末からデモも開始される予定だ。そのほかTWOTOP秋葉原本店やTSUKUMO eX.でも入荷予定となっている。

水枕 水枕
水枕とポンプは一体化されている。その水枕部分は、LGA775/Socket478/AM2/939/940/754といったCPUのほか、リファレンスデザイン準拠のATI/NVIDIA系GPUの冷却に使用することもできる
ラジエーター ラジエーター
ラジエーター部は70mm角の冷却用ファンを2基搭載。このラジエーターは、PCIスロットや3.5/5インチ、さらにはモデルによってケース側面パネルのネジ穴などを利用して装着することもできる
フローインジケーター 取り付け例
水枕とラジエーターの間にはアラーム機能付きの水流フローインジケーターも搭載し“音”と“視覚”でシステムの状態をモニターすることが可能VGAカードへの取り付け例。ラジエーター部は付属のオプション金具を使用することで空きスロットに装着可能となる
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ