このページの本文へ

星野金属工業からCore Duo対応キューブPC「PANDORA Rhapsody i945」が今週末登場予定

2006年04月26日 20時13分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 星野金属工業(ソルダム)からCore Duoを搭載可能なキューブ型ベアボーンPC「PANDORA Rhapsody i945」が今週末に秋葉原のショップに入荷予定だ。Core Duo対応マザーは各社から登場しているが、キューブ型ベアボーンPCとしての発売は初となる。

本体
200(W)×200(D)×200(H)mmと完全な立方体となっている製品で、以前紹介したPentium M対応の「PANDORA Rhapsody」のCore Duo対応版

 この製品は200(W)×200(D)×200(H)mmと完全な立方体となっているのが特徴で、以前紹介したPentium M対応の「PANDORA Rhapsody」のCore Duo対応版。マザーボードにはチップセットに“i945GT”+“ICH7-MDH”を採用したAOpen製の「i945GTt-VFA」を搭載。拡張スロットはPCI Express x1×1、Mini-PCI×1、メモリスロットはPC2-4300 SO-DIMM×2というキューブ型PCに採用されているマザーの中でも変則的な構成となっている。チップセット内蔵のVGAのほか、ギガビットイーサネット、8chオーディオがオンボードで装備されているほか、インターフェイスとして、VGA(DVI)、USB 2.0×4、IEEE1394×1などを用意。
 また、この製品にはスロットインタイプのパイオニア製光学ドライブ(スリムタイプ)を予め装着しており、最大書き込み/書き換え速度のスペックはDVD±R DL書き込みが4倍速、DVD±R書き込みが8倍速、DVD-RW書き換えが6倍速、DVD+RW書き換えが8倍速、DVD-RAM書き換えが5倍速となっている。
 背面には120mm角ファンが1基配置されており、ケースには5/3.5インチオープンベイはなく、3.5インチシャドウベイを2つ用意。電源は容量90WのACアダプタから供給される。そのほか付属品として専用CPUクーラーなどを同梱。カラーはシルバーメタリックとブラックメタリックの2モデルをラインナップしているが、今週末に発売されるのはブラックメタリックモデルのみで、シルバーメタリックは来週発売となるようだ。予価はTSUKUMO eX.で7万4800円(取り寄せのみ)、BLESS秋葉原本店で7万7980円。

マザー ポップ
。マザーボードにはチップセットに“i945GT”+“ICH7-MDH”を採用したAOpen製の「i945GTt-VFA」を搭載カラーはシルバーメタリックとブラックメタリックの2モデルをラインナップしているが、今週末に発売されるのはブラックメタリックモデルのみ。シルバーメタリックは来週発売となる
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ