このページの本文へ

いやぁ、実に待ちました! AOpenのMini-ITXマザー「i945GTt-VFA」が今月下旬にも単体発売?

2006年10月05日 21時46分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 以前紹介したAOpen製のMini-ITX対応Socket 479マザー「i945GTt-VFA」が今月末から11月にかけて発売される予定だ。現在TWOTOP秋葉原本店にサンプルが入荷している。最初のサンプル登場から遅れること8ヵ月、ようやくの登場だ。

本体
AOpen製のMini-ITX対応Socket 479マザー「i945GTt-VFA」。今年の2月にサンプルが登場してから遅れること8ヵ月。ようやく単体発売の目処が立った
パッケージ
パッケージにも対応CPUとしてCore Duo、Core Solo、Core 2 Duoと記載されている

 とは言え、このマザーを使用した製品は今年の4月に星野金属工業から「PANDORA Rhapsody i945」に内蔵した形で販売済み。マザーボード単体としての販売は今回が初となる。対応するCPUはCore Duo、Core Soloのほかに、新たにCore 2 Duoをサポート。チップセットは“i945GT”+“ICH7MDH”という構成で、メモリスロットの構成はDDR2 SO-DIMM×2(最大2GB)、拡張スロットはmini-PCI×1、PCI Express×1となっている。インターフェイスはギガビットイーサネット、USB 2.0×4、IEEE1394×1、DVI、8chオーディオなど。電源は付属の容量90WのACアダプタから供給され、付属品としてCPUクーラーなどが同梱される。販売を予定しているTWOTOP秋葉原本店では予価を2万6000円前後としている。

クーラー
パッケージには専用のCPUクーラーが付属するメモリスロットの構成はDDR2 SO-DIMM×2(最大2GB)
インターフェイス アダプタ
インターフェイスはギガビットイーサネット、USB 2.0×4、IEEE1394×1、DVI、8chオーディオ電源は容量90WのACアダプタから行なわれる
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ