このページの本文へ

FILCOのCherryスイッチキーボードに104英語キーモデルが登場!

2006年02月23日 21時26分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Cherry製キースイッチを採用したFILCOのキーボード“Majestouch(マジェスタッチ)”シリーズに、104英語配列キーボード「FKB104M」が登場した。“無変換”や“カタカナ”キーがないため、スペースキーが広くなっている。

「FKB104M/EB」 「FKB104M/EW」
FILCOの104英語キーボード「FKB104M」。カラーはブラックとホワイトの2色を用意

 Cherry製キースイッチはタッチの違いで数種類あるが、“Majestouch”シリーズでは“MX tactile feel”と呼ばれる、ごく軽いクリック感を持たせたタイプを採用している。インターフェイスはUSB1.1で、同梱の変換アダプタでPS/2にも対応する。キーストロークは4mm±0.5mmと、一般的なキーボードと比較して深く、接点は約2mm押し下げた位置にあり、キーを最後まで押し下げる必要がない。ダイヤテックのウェブサイトによると「さまざまな要素からくる打鍵力の違いが原因となるミスタイプを防ぐ」という。キーピッチは19mm。本体サイズは440(W)×138(D)×38.5(H)mmで、重量は1.2kg。カラーはブラックとホワイトの2色をラインナップ。価格はアークで8800円、ツクモパソコン本店IIと高速電脳で8980円、BLESS秋葉原本店で9380円、クレバリー2号店で9444円。

スペースキー 独Cherry製“MX tactile feel”スイッチを採用
“無変換”や“カタカナ”キーがないため、スペースキーが広くなっている。また、キー表面や外装のキズ/磨耗を防ぐためトップコート処理加工が施されている“Majestouch”シリーズは、独Cherry製“MX tactile feelスイッチ(通称:茶軸スイッチ)”を採用する
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ