このページの本文へ

プロゲーマー“Fatal1ty”本領発揮!? クリエイティブ製ゲーミングマウス「Fatal1ty 1010」が販売開始!

2006年02月10日 23時16分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プロゲーマー“Fatal1ty”ことJohnathan Wendel氏が開発に共同参加したというゲーミングマウス「Fatal1ty 1010」がクリエイティブから発売となった。入荷したのはPC.CHAOSで、英語パッケージの並行輸入の製品だ。

Fatal1ty 1010 Fatal1ty 1010
プロゲーマー“Fatal1ty”ことJohnathan Wendel氏が開発に共同参加したというゲーミングマウス「Fatal1ty 1010」がクリエイティブから登場。本体は1ボタンで400/800/1600のカウントを変更可能だ

 “Fatal1ty”ブランドといえば、これまでにも同社のサウンドカードAbit製マザーボード、さらにはZalman製CPUクーラーと数々のコラボモデルを発売してきた。今回発売された「Fatal1ty 1010」は、ゲームプレイに直結するマウスということで今までのコラボ製品よりも注目度は高い。

重し 交換可
中央の赤い部分は重しを入れられる仕組みで、それぞれ3.5g/11g/26gの中から選択して装着する

 本体は1ボタンで400/800/1600のカウントを変更可能。中央の赤い部分は重しを入れられる仕組みで、それぞれ3.5g/11g/26gの中から選択して装着する。ボタンは全部で5つ。特に通常右サイドに配置されることの多いボタンは、右クリックの横(上から見て3つのメインクリックボタンが並ぶ。つまり右クリックの中指と並ぶ形で薬指でクリックするという特殊な配置)にあるという変った構造となっている。使いやすいかどうかの判断は各ユーザーに任せるしかないが、“Fatal1ty”ブランドのマウスという意味では要チェックといえそうだ。価格は7980円となっている。

Fatal1ty 1010 図解
通常右サイドに配置されることの多いボタンは、右クリックの横に。本体に見える部分が、右クリックの中指と並ぶ形で薬指でクリックする(写真左)
左サイド 裏面
左サイドビュー。ボタンはもう少し前方よりに配置されているほうがよいかも裏面。“Fatal1ty”の文字とサインが入っている
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ