このページの本文へ

価格1万円台のモデルも! Socket 939版“Opteron 1xx”シリーズの販売が今日からスタート!

2005年09月16日 18時09分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先月2日に発表されたAMDのサーバー/ワークステーション向けCPU“Opteron 1xx”シリーズの販売が今日から始まった。シリーズ初のSocket 939対応の製品でラインナップは全5種類となっている。

全5種類
シリーズ初のSocket 939対応の製品でラインナップは全5種類
Opteron 152
「Opteron 152」(2.6GHz)。対応マザーボードはBIOSをアップデートすることで従来のSocket 939マザーが使用可能となる

 登場したのは「Opteron 144」(1.8GHz)、「Opteron 146」(2.0GHz)、「Opteron 148」(2.2GHz)、「Opteron 150」(2.4GHz)、「Opteron 152」(2.6GHz)の5モデル。全モデル共通でL2キャッシュを1MB搭載する。販売ショップおよびAMDのウェブサイトによると「従来販売されているSocket 940版Opteronとの違いは、HyperTransportのリンク数が3本から1本に。ECC RegisteredまでサポートするメモリはECC Unbufferedタイプまでとなる」という。なお、対応マザーボードはBIOSをアップデートすることで従来のSocket 939マザーが使用可能となるようだ。Socket 940マザーに比べて安価、かつ多種多様な製品が発売されているSocket 939マザーでOpteronが使用できるというのは嬉しいところ。最下位モデルの「Opteron 144」(1.8GHz)では販売価格が1万円台となっており、マザーとセットでも安価にOpteron搭載PCの導入可能となる。販売ショップおよび価格は以下のとおり。

価格表 Opteron 144
最下位モデルの「Opteron 144」(1.8GHz)では販売価格が1万円台と安いのも特徴「Opteron 144」(1.8GHz)であれば安価にOpteron搭載PCを導入可能だ
価格 ショップ
AMD
「Opteron 144」(1.8GHz)
\17,800 ツクモパソコン本店II
\17,850 USER'S SIDE
\17,980 ドスパラ本店
ドスパラ秋葉原2号店 Prime館
ドスパラアキバ店
AMD
「Opteron 146」(2.0GHz)
\24,800 ツクモパソコン本店II
\25,200 USER'S SIDE
\25,480 ドスパラ本店
ドスパラ秋葉原2号店 Prime館
ドスパラアキバ店
AMD
「Opteron 148」(2.2GHz)
\34,800 ツクモパソコン本店II
\35,490 USER'S SIDE
\34,980 ドスパラ本店
ドスパラ秋葉原2号店 Prime館
ドスパラアキバ店
AMD
「Opteron 150」(2.4GHz)
\46,980 ツクモパソコン本店II
\47,980 ドスパラ本店
ドスパラ秋葉原2号店 Prime館
ドスパラアキバ店
AMD
「Opteron 152」(2.6GHz)
\99,800 ツクモパソコン本店II
\99,800 ドスパラ本店
ドスパラ秋葉原2号店 Prime館
ドスパラアキバ店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ