このページの本文へ

“Opteron 2xx”シリーズ最上位モデルの「Opteron 252」が登場するも完売!

2005年03月25日 23時05分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDから“Opteron 2xx”シリーズの最上位モデル「Opteron 252」が登場した。2月17日に最大8CPU構成が可能な「Opteron 852」と、1CPU構成のみとなっている「Opteron 152」と同時に発表された製品で、実クロックは2.6GHz。OPNナンバーは“OSA252FAA5BL”。

パッケージ
“Opteron 2xx”シリーズの最上位モデル「Opteron 252」。実クロックは2.6GHz

 今回の製品は“HyperTransport”バスのクロックを従来の800MHzから1GHzに引き上げたのが特徴。またプロセスルールは従来の130nmから90nmに細微化されており、ステッピングは今回から“E4”となっている。AMDのウェブサイトによると、L2キャッシュを1MB搭載、コア電圧は1.40Vとなっており、消費電力は92.6W、消費電流は66.1A。そのほか消費電力を最適化する機能“AMD PowerNow!テクノロジ”や“SSE3”(Streaming SIMD Extension 3)と完全互換が図られた命令セットを新たに追加している。価格はTSUKUMO eX.で9万9980円(完売)、T-ZONE PC.DIY SHOPで10万3740円(完売)、ファナティック東京店で10万9935円、USER'S SIDE本店で11万250円(完売)となっており、販売と同時に即完売してしまったショップも多い。

2way OPNナンバー
2wayまでの構成が可能となっており、“HyperTransport”バスのクロックを従来の800MHzから1GHzに引き上げているOPNは“OSA252FAA5BL”
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ