このページの本文へ

ほら、簡単でしょ! “Intelセントリーノ 自作ノート組み立て教室”がツクモパソコン本店で開催!

2005年08月20日 23時52分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日、ツクモパソコン本店の入り口前特設会場にて、東京エンジニアリング主催(協力:九十九電機、エムエスアイコンピュータジャパン)の自作イベント“Intelセントリーノ 自作ノート組み立て教室”が開催された。

組み立て中
東京エンジニアリング主催(協力:九十九電機、エムエスアイコンピュータジャパン)の自作イベント“Intelセントリーノ 自作ノート組み立て教室”
会場
夫婦や子供連れなど休日ならではの人出も

 このイベントは、MSI製のPentium M対応ノートベアボーン「MS-1012」を使った組み立て実演会。同製品に詳しい代理店のスタッフが、実際にユーザーの前で組み立てるというものだ。13時~14時、15時~16時と2回に分けられたイベントには毎回20人以上のユーザーが参加。夫婦や子供連れなど休日ならではの客層となっていた。
 実際の組み立て作業は20分ほどで終了。思っていたより簡単な印象を受けたのか、来場者からは拍手が起こっていた。その後、組み込んだ「Pentium M 720」の性能を確認するためにスーパーπの計算(104万桁を55秒で完了)などのデモが行われPentium Mの性能をアピールという場面も。さらにイベント後半に行われた抽選会の目玉商品である「Pentium M 720」は、2回とも女性客が当たるという結果となった。ノートベアボーンを使って自作するというPC初心者にとっては敬遠しがちな行為も「ちょっと挑戦してみようかな?」と思わせる、そんなイベントとなったようだ。

完成 ポップ
完成したノートPC。CPUは「Pentium M 720」、メモリはDDR333 512MB、HDDは東芝製2.5インチ80GBを選択したノートベアボーンを使って自作するとこんなにお得!というのをアピール
「MS-1012」
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ