このページの本文へ

やっぱり小さい!“SilverStone Autumn Collection”で“Nano-ITX”専用ケース展示中!

2004年09月24日 23時52分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 明日25日(土)まで“Linux Cafe di PRONTO秋葉原店”で開催されている“SilverStone Autumn Collection”に、予定通り“Nano-ITX”専用ケースが展示されている。

「SST-LC07」 仕様
“Nano-ITX”専用ケース「SST-LC07」オールアルミ製。電源には60WのACアダプタを使用する

 「SST-LC07」というこの製品のサイズは、217(W)×57(H)×145mm(D)。写真のように、以前一部ショップで展示された“Nano-ITX”規格のマザーボードの実物大写真(パンフレット掲載)を重ねると、やや大きいもののスッポリと収まる様子がわかる。内部にはおそらく2.5インチHDDが搭載可能という本体は、オールアルミ製。電源には60WのACアダプタを使用するという。

比較 タバコと比較
“Nano-ITX”規格のマザーボードの実物大写真(パンフレット掲載)を重ねると、やや大きいもののスッポリと収まる様子がわかる実際に持ってみると、改めてその小ささがわかるはずだ

 また会場で配布されているSilverStoneのパンフレットには、スリムタイプの光学ドライブが搭載可能な「SST-LC08」という製品も掲載されている。どちらの製品も発売は未定とのことだが、“Nano-ITX”規格は確実に製品化へと向かっているようだ。

背面 SST-LC08
背面の様子SilverStoneのパンフレットには、スリムタイプの5インチドライブが搭載可能な「SST-LC08」という製品も掲載されている

 会場には、ほかにもSilverStoneの新製品や未発表製品がいくつか展示されている。「SST-LC10」は、本格志向のAV仕様PCケース。フロントにVFDパネルを装着し、アルミをふんだんに使ったデザインはいかにもSilverStoneらしいといえる。専用ソフトと付属のリモコンを使うことで、動画や音楽の再生ができ、VFDパネルに曲名やテキストを表示(日本語非対応)することも可能のようだ。発売は10月下旬から11月を予定しているとのこと。

「SST-LC10 VFDパネル
「SST-LC10」は、本格志向のAV仕様PCケースVFDパネルに曲名やテキストを表示(日本語非対応)することも可能だ
会場 25日(土)まで
会場には、SilverStoneの新製品や未発表製品がいくつか展示されている明日25日(土)まで“Linux Cafe di PRONTO秋葉原店”で開催されている“SilverStone Autumn Collection”
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ