このページの本文へ

“Nano-ITX”サイズのVIA製マザーに新モデル! 今度はクロック周波数533MHzのファンレスモデルが加わる!

2005年11月29日 22時29分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先週から販売の始まった12cm×12cmサイズの“Nano-ITX”規格を採用するVIA製マザーボード“Eden-N”シリーズだが、今度はクロック周波数533MHzのファンレスモデル「EPIA-N5000E LVDS」が登場した。

Luke CoreFusion
クロック周波数533MHzの“Eden-N”とNorth bridgeの“CN400”を統合した“VIA Luke CoreFusion Processor”を搭載する

 発売されたのはクロック周波数533MHzの“Eden-N”とNorth bridgeの“CN400”を統合した“VIA Luke CoreFusion Processor”を搭載するマザーボード。South bridgeに“VT8237R”を採用。DDR400まで対応のSO-DIMMスロットが1本(最大1GBまで)やVGA機能、10/100Base-T対応イーサネット(VIA/VT6103)、6ch対応サウンド(VIA/VT1617A)、Serial ATA×1(RAID対応)、IDEポート(ATA133)、裏面にはMini-PCIスロットを搭載などといった仕様に変りはない。さらに10ピン-20ピン電源ケーブル、USBとPS2のブラケット、IDEケーブルなどが付属する点も同じだ。販売しているのはツクモパソコン本店IIで、価格3万8800円となっている。

EPIA-N5000E LVDS 型番
しつこいようだが、やっぱり小さい“Nano-ITX”。「EPIA-N5000E LVDS」パッケージ記載の型番
ヒートシンク 付属品
800MHzの「EPIA-N8000E LVDS」と同じくファンレスヒートシンクが付属する付属品
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ