このページの本文へ

Thermaltakeのサブブランドは万人向けデザイン?Thermalrock製ケース販売開始!

2004年10月15日 23時16分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回が日本初上陸となるThermaltakeのサブブランド、Thermalrockから、ユニークなフロントパネルを装備したATXケースが2モデル登場した。Thermaltake製品と同様デザインはなかなか押しの強いものだか、ややシンプルな味付けという印象だ。

Thermalrock 「Dragon」
今回が日本初上陸となる、ThermalTakeのサブブランドThermalrock巨大なブルーのヒートシンクのようなフロントデザインが特徴の「Dragon」

 発売されたのは巨大なブルーのヒートシンクのようなフロントデザインが特徴の「Dragon」と、同じくフロントパネルに紫色のメッシュと肉厚のアルミを採用した「OceanDome」。どちらも内部の仕様は同じで、背面と上部、サイドに90mm角ファンを4基、前面下部に80mm角ファンを1基と標準で計5基のファンを搭載。5つの5インチベイを装備するほか、シャドウベイは3つ。また、フロントパネル内部に仕込まれたLEDにより、どちらもブルーに光るというギミックも施されている。

サイドパネル 内部
「Dragon」のサイドパネルはアクリルタイプどちらも内部の仕様は同じだ
計5基のファン フロントのアルミ
サイドに90mm角ファンを4基、前面下部に80mm角ファンを1基と標準で計5基のファンを搭載するフロントのアルミもなかなか肉厚

 その他、フロントデザイン以外の違いは、サイドパネル。メッシュとなる「OceanDome」に対し、「Dragon」はアクリルパネル仕様となる。両モデルとも電源は搭載しないが、ケースとしての作りはしっかりしたもので、なかなかの仕上がり。ThermalTakeの“濃い”デザインが苦手なユーザーも、Thermalrockのケースは一見の価値がありそうだ。価格は「Dragon」がOVERTOPで1万9750円、アークで1万9800円、「OceanDome」がOVERTOPで2万2480円となるほか、TWOTOP秋葉原本店でも2モデルの入荷を確認している。

OceanDome サイドパネルはメッシュ
フロントパネルに紫色のメッシュと肉厚のアルミを採用した「OceanDome」こちらのサイドパネルはメッシュとなる
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ