このページの本文へ

音感センサー連動式ファンコンがThermaltakeから!

2004年07月17日 23時34分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「MagicSound A2145」 製品の特徴
外部の音を感知してファンのスピードが変化するという変わった製品「MagicSound A2145」製品の特徴。やはり一番気になるのはSoundモードとなるが…
コントロールユニット 2つの8cm角ファン
3.5インチベイ内蔵用のコントロールユニットLEDによってレッドとブルーに光る2つの8cm角ファン

 外部の音を感知してファンのスピードが変化するという変わった製品「MagicSound A2145」がThermaltakeから発売された。

 この製品は、LEDによってレッドとブルーに光る2つの8cm角ファンと、3.5インチベイ内蔵用のコントロールユニットで構成される。このコントロールユニット前面には、左から音を感知するマイクとモード切替スイッチ、音感センサー調節つまみを装備。モードはOff/Full/Sound/Releyの4つで、Offでは2つのファンが停止、Fullでは回転数2000rpm(21dB)で動作、Releyでは交互にファンが点灯するというもの。それに加えてSoundモードでは音によって回転数が変化するようだ。ただし、ThermaltakeのウェブサイトにはSoundモードの詳細な解説は掲載されておらず、実際どのように回転数が変化するのかは不明。価格はOVERTOPで3180円、高速電脳で3444円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ