このページの本文へ

COOLER MATEからアルミ製ファンコン「Commaner7」と「SilverLeo blue」の2製品が登場!

2005年06月07日 21時47分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COOLER MATEから5インチベイ用アルミ製ファンコントローラ「Commaner7」と「SilverLeo blue」の2製品が登場した。液晶にはファンPWM(Pulse Width Modulation)レベル、時刻、HDDアクセスなどを表示可能となっている。取扱代理店はアイネックス。

「Commaner7」
多機能7chファンコントローラ「Commaner7」
「SilverLeo blue」
4ch独立制御のファンコントローラ「SilverLeo blue」

 「Commaner7」は7基のファン回転数を手動/自動でコントロール可能な多機能タイプ。液晶にはサーミスタが計測した4ヵ所の温度を表示できるほか、ファンPWMレベル、時刻、HDDアクセスなどを表示可能。また、設定した温度を超えると液晶が赤く点滅しブザーが鳴る“アラーム”機能を搭載する。アラームの設定温度は45/55/65℃の3つから選択可能となっており、ファン回転数の測定範囲は0~9900rpmで100rpm単位で測定可能。ただし、ショップ店員によると「決められた温度になるとファンの回転数を変えるだけで、この温度をユーザー側で変更できない」とのこと。そのほか、おもしろい機能としてLOCKボタンを長押しすることでPCケースのパワー/リセットスイッチを無効にする“ボタンロック”機能を搭載する。価格はパソコンハウス東映とテクノハウス東映で6580円、CUSTOMと高速電脳で6980円。

「Commaner7」背面 液晶の色
「Commaner7」の背面は既存のファンコンのように基板むき出しではなく、アルミケースに収まっている。ケーブルの取り外しはケースを開けないとできない液晶とボタンのバックライトは水色/青/緑/紫/黄緑/薄青の6色に切り替え可能

 一方の「SilverLeo blue」は4基のファンを手動でそれぞれコントロールできる製品。接続されているファンの回転数が600rpm以下になるとアラームが鳴り、該当ファンの番号が点滅する“アラーム”機能を搭載する。そのほかのスペックは「Commaner7」と同じ。価格はパソコンハウス東映とテクノハウス東映で4680円、CUSTOMと高速電脳で4980円。

「SilverLeo blue」背面 バックライト
アルミケースに収まったシンプルな背面の「SilverLeo blue」液晶とファンコントロールノブはバックライトで青く光る
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ